玉川聖学院卒業生による「ミャンマーと日本をつなぐ旅」を開催 -- 「理想の教育とは?」次世代を担うミャンマーと日本の学生が考える7日間

大学プレスセンター 2017年09月05日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

玉川聖学院(東京都世田谷区)の卒業生が10月12日~18日に、ミャンマーの学生を日本に招致し、「教育」をテーマにしたスタディーツアーを実施する。ミャンマーと日本、それぞれの教育問題を共有し、より良い教育のあり方を模索する。


 玉川聖学院では国際理解教育の一環として、卒業生を対象とした「ミャンマーふれあいの旅」を行っている。現地の人々との交流を含む旅は、参加者に大きな感動と考える学びの時となっている。
 玉川聖学院の卒業生が今回、この旅をきっかけとして、ミャンマーの学生を日本に招致し、「教育」をテーマにしたスタディーツアーを計画。朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port」でミャンマーの学生の渡航費や滞在費などを支援を呼びかけている。

 ミャンマーは現在、本格的な民主化に向けて大きく動き始めている。その一方で、ミャンマーの教育制度は「学校で生徒が自分の意見を自由に発言できない」「大学の専攻を自分の意志で決定できない」など、多くの課題を抱えている。
 過渡期にあるミャンマーでは、未来を担う若い世代に大きな期待が集まっている。しかし、大学への進学率はわずか15%にも満たず、質の高い教育を受けることは困難な状況。教育問題はミャンマーの国づくりを妨げる要因の一つとなっている。

 大学生となった卒業生らが、こうした現状を同じ学生という立場からミャンマーの教育問題の改善に携わりたいと考えツアーを計画。ミャンマーの学生たちが日本の教育現場を体験し、日本の教育問題をも知ることで気づきを得、日本の学生と「教育のあり方」について学び合う機会としたいと考えている。

●関連リンク
 A-portページ:  (リンク »)
 HP:  (リンク »)
 Facebookページ:  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人 玉川聖学院
 TEL: 03-3702-4141

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]