3Dオンライン試着システムの大幅アップデート実施。オーダーメイドブランドをメインとしたECモールへの出店者募集開始。

株式会社Sapeet 2017年09月05日

From PR TIMES

~東大発ファッションテックベンチャーSapeetが3Dネット試着システムを更新。よりリアルなアバターで「サイズ感、シルエット」のわかるオンライン試着を実現~

株式会社Sapeetが運営するクラウド着装シミュレーションシステムが大幅アップデートされ、アバターモデルなどが刷新。
オーダーメイド領域への参入を本格的に始動させます。



株式会社Sapeet(本社:東京都文京区、代表取締役:築山 英治、以下Sapeet)は、物理シミュレーションを利用したクラウド着装シミュレーション型3Dネット試着システム( (リンク ») )の大幅なアップデートを実施しました。

アップデート内容としては、3Dボディアバター、髪型、各種装飾品モデルの刷新、及び衣服データの表示解像度向上が主な変更点となっております。
このアップデートに伴い、関連するサービス(アパレルEC向け3Dネット試着ツール「Sapeet EC tool」及び展示会、個人向け3Dネット試着ツール「Sapeet virtual fitting tool」)で使用される画面も同じ仕様に切り替わることになります。


[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


今回のアップデートに加え、現在Sapeetではweb上でのユーザー自身による、裾や袖の丈調整機能やデザイン変更といった機能等も追加開発しており、近年ニーズの高まりを見せているカスタムオーダーメイドの本格的なオンライン受注チャネルになることを見据えております。


[画像4: (リンク ») ]


現在、Sapeetでは個々のブランド様毎にカスタマイズしたオーダー受注ができるオリジナルECモール「SAPEET」への出店者を募集しております。

Sapeetの3Dネット試着システムを利用することで、ユーザーは「SAPEET」上で好みのデザイン・サイズ調整を行い、オンライン試着をした上で発注することができます。

「SAPEET」では、こうしたオーダーメイドの受注に必須であった「サイズ」の調整課題が解決されるだけでなく、オーダーメイド向けにカスタマイズしたシステム構築の一部をSapeetサイドが負担することで、自社で0からカスタムオーダーメイドシステムを備えたECを立ち上げるよりも遥かに低コストで、ユーザー満足度の高いECに貴社商品を出品することが可能となります。

ご興味のある方は、下記築山までご連絡くださいませ。


【株式会社Sapeetについて】
Sapeetは東京大学発のファッションテックスタートアップです。
「FASCINATE WORLD」をテーマに、人々のファッションライフをより豊かにすべく、3Dネット試着文化の醸成に取り組んでいます。

~サービス一覧~
自社ECサイト上で自由に3Dネット試着システムを使える「Sapeet EC tool」
展示会向け、その他個人使用向けオンライン試着ツール「Sapeet virtual fitting tool」

URL : (リンク »)
所在地 : 東京都文京区本郷5−23−11 平木ビル2F
代表者名: 代表取締役 築山 英治
資本金 : 8,000,000円
事業内容: 3Dネット試着システムの開発、運営

【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社Sapeet 担当 : 築山
E-mail:tsukiyama@sapeet.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]