高度なオーバークロックに対応したAMD X370搭載のEATXゲーミングマザーボード

ASUS JAPAN株式会社 2017年09月07日

From PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社は2017年9月7日、高度なオーバークロックに対応したAMD X370搭載のEATXゲーミングマザーボード「ROG CROSSHAIR VI EXTREME」を発売することを発表いたしました。2017年9月8日より販売を開始する予定です。



○発表製品

-----------------------------------------------------------------------
製品名 : ROG CROSSHAIR VI EXTREME
対応CPU : AMD Ryzen/A/Athlonシリーズ
対応ソケット : Socket AM4
チップセット : AMD X370 チップセット
対応メモリ : DDR4- 3200×4 (最大64GB)
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×2, PCIe 2.0 x16×1, PCIe 2.0 x1×3
ストレージ機能 : M.2×2、SATA 6Gb/s×8
USB機能 : USB 3.1 Gen 2×3, USB 3.1 Gen 1×10, USB 2.0×5
ネットワーク機能 : 1000BASE-T×1
無線機能 : IEEE802.11 ac/n/a/g/b, Bluetooth V4.2
フォームファクター(サイズ): ExtendedATX(305 mm x 269 mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2017年9月8日
-----------------------------------------------------------------------


○発表製品の主な特長

ゲーマーの要望に応えるROGブランドのマザーボード
「ROG(Republic of Gamers)」ブランドの製品は、ASUSの製品の中では最上位の製品であり、PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別に設計を行った製品です。ゲーム用オーディオ機能の「ROG SupremeFX」や、ネットワークゲームのデータ転送速度を向上する「Game First IV」といったゲーム用の機能を搭載しており、通常のマザーボードよりも快適にゲームを楽しめるようになっています。また、使用している部品などにも高耐久なものを使用し、高負荷状態で長時間ゲームを楽しんでも安定して高いパフォーマンスを発揮できるようにしてあります。

PCH M.2 ヒートシンク
PCHヒートシンクと一体化したM.2ヒートシンクを装備しています。巨大な冷却面積を備えたヒートシンクは、接続したM.2 SSDを完全に冷却し、最高のパフォーマンスと信頼性を実現します。 ヒートシンクのフェイスにはROGのロゴが燦々と輝くスタイリッシュなデザインが施され、ビルドに彩りをもたらします。また、T-sensorにサーマルプローブを接続することで、M.2ドライブの温度をリアルタイムでモニタリングすることも可能です。

本格液冷に対応
ROGの革新的なウォータークーリングゾーンは、これまでにない冷却システムのモニタリング機能を提供します。ROGウォータークーリングゾーンのデュアル水温ヘッダーと流量ヘッダーの情報がROGの直感的なFan Xpert 4ユーティリティに直接入力されることで、PCを低温に保つことができます。

AM4/AM3用クーラーに両対応
AM4またはAM3クーラー/LN2ポットと互換性のある特別な取り付け穴があるため、新しいAM4クーラーにアップグレードするか、既存のAM3キットを使い続けるか、ユーザーが自由に選択することができます。

デュアルM.2
NVMe SSD RAIDに対応したデュアルPCIe 3.0 x4 M.2スロットを備え、驚異的なパフォーマンスの向上をもたらします。デュアルM.2スロットを利用して2基のPCIe 3.0ストレージデバイスによるRAIDを構築すれば、AMD(R) Ryzen™プロセッサプラットフォーム上で最も速いデータ転送速度を実現することができます。

PROCOOL電源コネクター
ASUS ProCoolは独自改良された電源コネクターです。従来の電源コネクターと比較して、ProCoolコネクターは、ROG Crosshair VI Extremeマザーボードとの間により強固な接続を確立します。より強く、電力効率に優れたデザインは、フラッシュ接続によりインピーダンスを下げ、放熱性の改善で、より低い温度を維持することが可能です。また、ProCoolは基板に対して直角のプラグを備え、ケーブルの取り回しも容易です。

最高のパワーデジタル制御
ROGの卓越したデジタル電源コントローラーは、Texas Instruments製のNexFET™ MOSFET、MicroFine Alloy Chokes、Digi+ PWMコントローラー、10Kブラック・メタル・コンデンサによって、さらに細かな電力供給を可能としており、Extreme Engine Digi+が常にスムーズなコア電圧を供給します。

ROG バックプレート
ROG Crosshair VI Extremeは、独自の新型バックプレートを採用しており、マザーボードのビジュアルを高めると共に、基板の歪みを防止する働きを持ちます。

プリマウントI/Oシールド
ROG独自のプリマウントI/Oシールドは、12kVの静電気放電に対する耐性を持ち、マザーボード側にあらかじめ取り付けられてるため、セットアップの手間もかかりません。

LEDでマザーボードを美しく照らす「Aura」機能を搭載
マザーボードに搭載するLEDは、付属ソフトで光の色を自由に変更できます。淡く明滅させたり、CPUの温度に応じて色を変えさせたりすることもでき、マザーボードをよりスタイリッシュに演出することが可能です。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。