学校法人城西大学が9月28日~10月5日まで中国の歴史画家の王希奇氏の展覧会「王希奇展 -- 一九四六」を開催 -- 初日には記念シンポジウムも

城西大学 2017年09月15日

From Digital PR Platform


学校法人城西大学(理事長:上原明)は9月28日(木)~10月5日(木)まで、世界的に評価の高い中国の歴史画家・王希奇氏の展覧会「王希奇展 ― 一九四六」を東京美術倶楽部(東京都港区)で開催する。会場には、胡蘆島港からの105万人余の残留日本人の大送還をテーマとした大作「一九四六」など計21点を展示。開催初日の9月28日(木)には、東京紀尾井町キャンパス(東京都千代田区)で開催記念シンポジウムを実施する。


 王希奇氏は、中国において墨絵と油絵の融合という独自のスタイルを確立し、世界的にも評価の高い歴史画家。学校法人城西大学と学術交流協定を締結している中国・瀋陽の魯迅美術学院に勤め、長年にわたり中国国家重大歴史題材美術創作プロジェクト契約画家として活躍している。

 王氏は、このほど、3年間半という長い年月をかけて、縦3メートル、横20メートルにおよぶ巨大な作品「一九四六」を完成させた。同作では黙々と歩みを進める葫蘆島からの数百名の引揚者が描かれ、その一人ひとりに作者の思いが込められている。そこに広がる光景は、見るもの全てを一瞬にして引き込んでしまう強い引力を持っている。

 今回の展覧会では、新作「一九四六 見守る海」をはじめ、当時が偲ばれる大連および瀋陽の日本統治時代の歴史的建造物を描いた一連の作品も含めて計21点を展示する。概要は以下の通り。

◆展覧会
【会 期】 2017年9月28日(木)~10月5日(木)
【会 場】 東京美術倶楽部(〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15)
【開館時間】 10:00~17:00(入館は16:30まで)
【入場料】 一般1,000円 高校生以下無料
【王希奇氏 プロフィール】
 中国錦州市生まれ。中国美術家協会会員。
 東洋的墨絵の要素を西洋油絵に自然に融合させた画風で評価される。特に歴史をテーマとする創作を得意とし、その独特な画風とオリジナルな視点で国内外の注目を浴び、既存の流派に属さない独立した芸術家と評される。
 国家金メダル賞を獲得した「三国志・赤壁の戦い」(合作)、中国国家重大歴史題材美術創作プロジェクト入選作品「長征」などの大型絵画が代表作。
【詳 細】  (リンク »)

◆記念シンポジウム
【日 時】 2017年9月28日(木) 15:00~17:30
【会 場】 学校法人城西大学東京紀尾井町キャンパス3号棟 国際会議場(〒102-0093 東京都千代田区平河町2-3-20)
【内 容】
・王希奇氏基調講演「作品『一九四六』をめぐって」
・パネルディスカッション「芸術で如何に歴史的記憶を表現するか」
 モデレーター: 井口和起氏(福知山公立大学学長)
 パネリスト: 青柳正規氏(元文化庁長官)、牟岱氏(遼寧省社会科学学院副院長)、劉悦笛氏(中国社会科学院研究員/国際美学学会(IAA)執行委員長)、宋偉氏(東北大学[中国]教授/美術評論家)、張燕楠氏(東北大学[中国]教授)
【参加費】 無料(要事前申し込み) 日中同時通訳あり

▼展覧会の問い合わせ先 
 学校法人城西大学広報センター
 TEL: 03-6238-1240

▼記念シンポジウムの申し込み・問い合わせ先
 学校法人城西大学生涯学習センター
 TEL: 03-6238-1400

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。