Cambium Networksが狭域、高容量クラスター設置をサポートする最新cnPilot(TM) e502S屋外Wi-Fi APを発表

Cambium Networks 2017年09月21日

From 共同通信PRワイヤー

Cambium Networksが狭域、高容量クラスター設置をサポートする最新cnPilot(TM) e502S屋外Wi-Fi APを発表

AsiaNet 70145 (1434)

【ローリングメドウズ(米イリノイ州)2017年9月21日PR Newswire=共同通信JBN】
*新しい角度30度のWi-Fi屋外領域カバレッジは狭域ないしは高容量クラスター設置をサポート

Cambium Networksは21日、高い評価を受けている同社のアクセスポイントcnPilot(TM)屋外ファミリーの新製品となるcnPilot e502S Outdoor - 802.11ac Outdoor Access Point(AP)を発表した( (リンク ») )。屋外接続アプリケーション固有のカバレッジおよび密度の要件を満たすe502Sは2.4 GHzおよび5 GHzバンドで動作し、30度の角度があるカバレッジビームによって、狭域での最適なカバレッジと雑音遮断を提供する。内蔵のハイゲイン・アンテナは、遠く離れた場所にあるステーションへの接続を提供するだけでなく、雑音が多い環境でも性能を向上させる。ナローカバレッジおよびハイゲインの内蔵アンテナを収容する小さなフットプリントによって、特に街路にある照明および標識のポールへの設置に適している。e502Sモジュールは多数を同一地点にクラスター設置し、ユーザーが密集するスポーツスタジアム、コンサート会場、特別イベント、その他の公共の場など、密集地点の需要を満たすことができる。e502Sは、e501Sが提供する120度と、無指向性e500の360度のカバレッジを補完するので、これによって屋外Wi-Fiカバレッジ・ソリューションがすべてそろうことになる。

Logo - (リンク »)

屋外Wi-Fi APのe500シリーズには、さまざまな設置オプションを可能にするPower-over-Ethernet出力とデータ接続を提供する補助ポートが含まれる。ネットワークオペレーターはCCTVカメラをこの補助ポートに接続して、安全性とセキュリティーを向上させる。e500が遠隔地に設置されるならば、ネットワークオペレーターはCambium Networksのポイントツーポイントないしはポイントツーマルチポント固定無線ネットワーキング・ソリューションを活用し、この補助ポートを使用する統合バックホールを提供することが可能である。

すべてのcnPilotアクセスポイントと同様、最新のc502SはCambiumのcnMaestro(TM)管理システム( (リンク ») )によって管理され、クラウドおよびオンプレミス設定で利用可能な管理およびコントローラーを提供する。cnMaestroはまた、Managed Service Provider(MSP)向けに最適化された設定を内蔵し、MSPが単一の管理プラットフォームの中で効率的にディスクリートなプライベートネットワークを管理することを可能にし、運営上の効率性と管理を提供する。

cnPilotとcnMaestroソリューションは現場で実証済みで、要求の厳しいシステムインテグレーターの高度な基準を満たす。Southern Reworkのゼネラルマネジャーであるブルース・マクレガー氏は「Wi-Fiは大半のインタラクションが生じるアクセス・レイヤーである。われわれは多数の重要配置で、Cambium NetworksのcnPilot(TM)屋内および屋外ソリューションを設置してきた。われわれは、ePMP(TM)配信ネットワークを搭載しcnMaestro(TM)管理システムによって管理されたe400エンタープライズWi-Fi屋内モジュールとe500エンタープライズWi-Fi屋外モジュールを推薦したい。このテクノロジーパッケージは信頼でき、コスト効率に優れていることが実証されており、現時点でオーストラリア東海岸の50以上の場所にある企業および個人顧客向けに設置されている」と語った。

Cambium Networksのビブー・ビベック上級副社長(製品担当)は「e502Sが加わることによって、Cambium Networksは屋外アクセスポイントのオプションをこれまで以上に提供することができる。当社のe500シリーズの屋外AP、e410およびe600屋内APによって、ネットワークオペレーターは同じ場所で必要なオプションを見つけ出し、最新鋭の高性能で安価なフリクションなしのクラウド・マネージド・エンターテインメントネットワークを展開することができる」と語った。

cnPilot e502Sは発注可能である。詳細はCambium Networks再販業者( (リンク ») )に問い合わせを。

▽Cambium Networksについて
Cambium Networksは、インターネットに接続されていない人々、地域、モノを接続する信頼できる無線ブロードバンド・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。Cambium Networksは、信頼性があり、スケーラブルかつ安定した無線ナローバンド、ブロードバンド・プラットフォームの広範なポートフォリオを通じ、あらゆるサービスプロバイダー、産業、エンタープライズ、政府のネットワークオペレーターが手ごろな価格で信頼できる高性能コネクティビティーを構築することを可能にする。同社は現在、700万以上の無線通信を150カ国以上の要求の厳しい数千のネットワークで展開している。Cambium Networksは米シカゴ郊外に本社があり、米国、英国、インドにR&Dセンターを持っており、信頼できる世界の一連の流通業者を通じて販売している。

詳細はウェブサイトwww.cambiumnetworks.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Sara Black
1-213-618-1501
sara@bospar.com

ソース:Cambium Networks

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]