世界のデスクトップモニター市場縮小の一方で、eスポーツ拡大でゲーム用モニターの出荷が増加

CONTEXT 2017年09月21日

From 共同通信PRワイヤー

世界のデスクトップモニター市場縮小の一方で、eスポーツ拡大でゲーム用モニターの出荷が増加

AsiaNet 70186 (1447)

【ロンドン2017年9月21日PR Newswire=共同通信JBN】グローバルなIT市場分析会社CONTEXTの最新データによると、急速に拡大する数十億ドル規模のeスポーツ経済により、2017年第2四半期の世界のゲーム用モニターの販売が前年同期比175%増加し、一方デスクトップモニターの出荷は中国での販売減を背景に3%減少した。

CONTEXTのリポートでは、世界での販売実績は地域によってかなり異なる。欧州・中東・アフリカ向けデスクトップモニターの出荷は5%増で、中東欧の12%増が原動力。北米と日本はそれぞれ2%、4%の増加。しかし全体の52%を占めるその他の地域は減少し、最大市場である中国は前年同期比11%減った。ビジネス用デスクトップモニターの落ち込みが4%と最も大きく、消費者向けの減少率はそれより少ない3%にとどまった。

CONTEXTのディスプレー担当シニアアナリスト、ドミニカ・コンスウィッツ氏は「全体は伸び悩む傾向だが、成長の可能性はかなりある。それは大型の高額スクリーン志向や、曲面型モニターと高解像度ディスプレーの販売増加、21:9ワイドモニターとゲーム用モニターの需要増加などの要因によるものだ」と説明した。

フルハイビジョンモニター(Full-HD)が引き続き最も多く、世界の出荷の3分の2を占めた。WQHDスクリーンの販売は前年同期比58%の増加。ウルトラHD(Ultra HD)モニターは依然として市場では小さい部分だったが、前年同期比の増加率は77%と、最も急速に伸びた解像度分野になった

デルが2017年第2四半期の最大手ベンダーで、全体の市場で19%のシェアを占めた。HPとレノボのシェアはそれぞれ14%、10%だった。

▽CONTEXTについて
CONTEXTの市場情報と機能基準、機会分析は顧客が事業を最適化し、明日の収入を増やす力を与える。30年を超える業界提携と大量のデータ提供により、CONTEXTはバリューチェーンのあらゆる場面を分析し、具体的データに基づく実施可能な知見と顧客ニーズの深い理解を顧客に提供している。CONTEXTはロンドンに本社があり、世界の従業員数は250人強。2017年にはGreat Place to Work(R)によって「UK's Best Workplaces(英国のベスト・ワークプレース)」(TM)の1社に選ばれている。

ソース:CONTEXT

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]