神戸志民党 三宮再開発の対案を政策提言

神戸志民党 2017年09月26日

From Digital PR Platform


音楽の街 神戸を実現し、多くのアーティストが集う街になるためには、2000人規模と1万人超の音楽ホールが無く「神戸飛ばし」が続く状況を変えなければならなりません。現状は大阪城ホール(大阪)とワールド記念ホール(神戸)の年間コンサート数の差だけで約100万人は交流人口に違いが出ている現状です。

音楽シーンにおいて、「ホップ」の次の「ステップ」「ジャンプ」のステージにあるアーテイストを育て、呼び込むためにも、三宮にライブハウスとアリーナ建設の必要性を政策提言致します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]