29歳以下の若手クリエイターが街の魅力を、30秒の動画にして発信する『CSC』。今年で4回目の開催を迎え、今年度始めて東京で開催します。

一般社団法人my Japan 2017年09月26日

From Digital PR Platform


“日本の魅力をクリエイティブの力で発信する”をコンセプトに活動をする、一般社団法人 my Japan(ホームページ ⇒ (リンク ») 代表理事:岡本 俊太郎)は、地方での映像制作型ハッカソン「Creative Summer Camp 2017」を東急電鉄協力のもと、8月に福島県の3地域(広野町・川内村・南相馬市)にて開催いたしました。 若者が地域の魅力を発見・体感する機会と、クリエイティブ力の育成・機会の創出の他に、外者・若者目線で制作さ れた作品から地元の方々が地域の魅力を再認識するきっかけの創出を目的としています。その延長として、渋谷にて 同プログラムを開催いたします。都内での開催は今回が初の試みです。(CSC渋谷の詳細について⇒ (リンク ») )9月2日にロケハンを行い、9月30日に最終発表を行います。多角的な見方ができ、様々な 顔を持つ東京の中心都市である”シブヤ”の魅力を、30秒のCMの制作を通し表現します。時代とともに大きな変容を 遂げる渋谷を題材に、29歳以下の学生や社会人などの若手クリエイターがCMの制作に挑みます。
9月30日(土) 14:00(13:30 受付開始 15:45 終了予定 )にSIBUYA CAST 地下一階にて開催予定の「Creative Summer Camp 最終審査会」において、選ばれた最優秀作品は、渋谷のスクランブル交差点にある屋外ビジョン 「Q’sEYE」で放映します。 また当日は渋谷区区長・長谷部健氏にもお越しいただき、作品の講評をしていただく予 定です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。