紅海灘で中国の湿地帯のカリスマを見出せ

Panjin Red Beach Wetland Resort Administrative Committee 2017年09月27日

From 共同通信PRワイヤー

紅海灘で中国の湿地帯のカリスマを見出せ

AsiaNet 70248 (1500)

【盤錦(中国)2017年9月26日新華社=共同通信JBN】世界最大の広さを持つ湿地帯、紅海灘は最高のシーズンに入った。海岸線に沿って生い茂るマツナは紅色に染まり、鳥の群れは水面の上空を舞い、アシの間でさえずっている。遼寧省盤錦市のこの風景は、中国で最も古い湿地観光のための代表的な名所の一つであり、世界の他のどこにも見られない独特の美しさを誇っている。

沿岸地域に共通するアシが緑色であるため、湿原の赤色は非常に珍しい。レクリエーション用の木製の小道は、おそらく中国で最もすばらしいもので、観光客が水鳥に触れ、素晴らしい湿地の景色を楽しみ、豊かで深い地元の文化を体験するために建設された。

この魚とコメの産地では、長年にわたって独特な料理文化が発展してきた。壮大な冬の釣りイベントは、毎年近くのウォロン湖で開催されている。地元住民にとって、このイベントはどちらかといえば、自然への祈りと河川水への愛着の表現である。

この湿地は、コメが生育するための優れた環境を提供する。シャンハイガニが生息する水田の1シーズンのコメの生育日数は186日である。このコメは、実際には2008年の北京五輪の公式米に指定された。

キャットテイルバンブーの芽、または中国語では「プサン」は、遼河下流域の植物である。プサンはその生育環境に極めて敏感で、野生でしか生育できず、収量は非常に低い。多くの人がこの栄養豊富な食べ物を楽しんでいる。

紅海灘、自然の景観と産業発展の完璧な融合を目の当たりにしている。盤錦は有名な石油都市である。景勝地の周辺には、油田掘削装置と抽出装置の列がある。厳格なクリーン生産の実践により、生産プラットフォーム上には油汚れがひとつも見当たらない。

紅海灘は、休日の行楽客が観光以上のことをすることができる素晴らしい保養地である。行楽客は生態学的農業を体験し、水田に行ってキュートな作物の写真を見たり、独自のカスタマイズされた農耕地を持つことさえできる。バイオエネルギー使用に特化したこのリゾートは、環境に優しい素晴らしい田園風景を提供している。

▽問い合わせ先
Ms. Li
Tel: +86-186-4277-7977

ソース:Panjin Red Beach Wetland Resort Administrative Committee

画像添付リンク:
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。