『FPが教える!親子で学ぶ!進学にかかるお金と奨学金の話』10月2日刊行

特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 2017年09月28日

From 共同通信PRワイヤー

2017年9月28日

NPO法人日本FP協会 (リンク »)

大学進学にかかるお金や奨学金の返還の仕方など、奨学金に関する基礎知識が学べる
『FPが教える!親子で学ぶ!
進学にかかるお金と奨学金の話』10月2日刊行

日本FP協会(正式名称: 特定非営利活動法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会理事長 白根壽晴)は、大学進学を考える高校生・在学中の大学生・保護者・学校関係者を対象に、入学前後から在学中にかかるお金の資金計画や奨学金に関する基本的な知識・情報をまとめた『進学にかかるお金と奨学金の話(B5判・12ページ)』を制作しました。

近年、日本では、奨学金を利用して学生生活を送る大学生が多くなってきています。2017年度から国の奨学金制度に「給付型」奨学金が導入されたものの、対象者や給付額が限られているため、貸与型奨学金を必要とする学生・保護者が多数います。

そこで、本冊子では、大学進学に必要なお金や貸与型・給付型奨学金制度の概要だけではなく、「奨学金の返還方法」についても詳細に説明しています。また、卒業後の収入が少ないケースや返還の負担が重いケースを取り上げ、「所得連動返還方式」や「繰上返還」を用いた返還シミュレーションについても紹介しています(詳細は、リリースをご参照ください)。

本冊子は、弊会の取り組みのひとつであるパーソナルファイナンス教育(金融経済教育)普及活動の一環として、主に高等学校・大学などでの使用を目的に制作しています。大学進学から奨学金の返還に至るまで、将来のライフプランを考えるうえで役立つ内容となっていますので、講義などでご活用いただけるのはもちろん、ご家庭でも親子で学べる内容となっています。

内容は、弊会ホームページで本日よりご覧いただけます。希望する学校へは、本冊子を無償提供します。なお、学校関係者以外の方がセミナーなどで使用する場合は、50部 1,080円(税込)で販売いたします。また、高校生・大学生・保護者の方もご利用いただけるよう期間限定(2017年12月20日まで)で1部単位での販売も行います。

内容については以下のURLをご参照ください。
(リンク »)

<冊子イメージ>
【画像: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】

※パーソナルファイナンス教育とは、人生の夢の実現をお金の面から考えていけるよう、一人ひとりの生き方にあったお金の知識や活用方法を身に着けるための教育のことです。

日本FP協会は、社会教育活動としてファイナンシャル・プランニングの普及とパーソナルファイナンス教育を推進し、社会全体の利益の増進に寄与することを目的としたNPO法人です。また、パーソナルファイナンス教育の担い手となる高い能力と高い倫理観をもったファイナンシャル・プランナー(CFP・AFP 認定者)を養成しています。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]