Splunk、公共機関のミッションを成功へと導く

Splunk 2017年09月28日

From 共同通信PRワイヤー

Splunk、公共機関のミッションを成功へと導く

AsiaNet 70311

官公庁及び大学・研究機関が Splunk の分析機能と機械学習を活用し、
マシンデータから”アンサー”を導き出す

サンフランシスコ、ワシントン 開催  - .conf2017 – 2017 年 9 月 28 日 – Splunk Inc. ( (リンク ») )(NASDAQ:SPLK) マシンデータからの「ひらめき」や「気付き」を提供する Splunk, Inc. は、本日、第 8 回 Splunk .conf2017 カンファレンスにて、官公庁及び大学・研究機関が Splunk ソリューションをどの様に活用し、如何にして日々の業務に活用しているか紹介いたしました。米国政府における「連邦機関」「国防・諜報機関」「地方自治体」の 3 つすべての部門、つまり国防総省や国家安全保障局など15の重要な省庁、米国全50 州中 43 の州政府、750 以上の大学・研究機関など、数多くの公共機関において、Splunk の IT運用 やセキュリティ分野におけるソリューションが活用されており、Splunkを使ってマシンデータの検索、分析、そして予測が行われています。Splunkにより、デジタル変革の推進、業務効率の向上、コスト削減、セキュリティ強化など様々な効果が生み出されています。

Splunk において米国の公共部門を統括している副社長のKevin Davis は次のように述べています。「官公庁及び大学・研究機関では、世界的に分析主導の IT運用 とセキュリティ ソリューションの利用が増加しており、日々の業務を成功に導くアンサーをマシンデータから得ています。官公庁及び大学・研究機関のお客様において、例えば、大学における学習成果の分析と可視化や、州レベルでの IT 予算の統合、サイバー攻撃からの政府機関の保護など、Splunkがシステムの近代化やセキュリティの強化の最前線で貢献できることを光栄に思っています。」   

2017 Splunk 公共機関 IT 業務調査 (英語) ( (リンク ») )によれば、交響機関の IT 専門職員の少なくとも 60% は、昨年と比較して職責の遂行に自信が持てなくなったと感じています。Splunk ソフトウェアは、IT およびセキュリティ専門職の方々に、自信を取り戻していただくための分析ソリューションを提供します。

     米国防保険局のインフラストラクチャーおよび業務部門の最高執行責任者 Wayne Speaks 氏:「国防保険局 (DHA) は、世界各地に派遣されている我が国の軍隊が健全かつ迅速に対応できるようにするため、安全で常時稼働を実現している情報基盤に信頼を置いています。国防保険局の IT 環境は、単に仕事をこなすだけでなく、私たちの業務全体の成功に貢献することが必要不可欠です。Splunk からは、国防保険局が新しく導入した MHS GENESIS 電子健康記録 (EHR) システムの監視の支援を受けています。また、同社はまもなく当局の活動ログ統合、分析および保持サービス (LCARS) の構築も手がける予定です。Splunk プラットフォームは、もはや必要のないツールを特定し、レポートやシステム上のプロセスを自動化することで、大幅なコスト削減に貢献するものと確信しています。」

     英国国防省 ISS ディレクターサービスオペレーション Chris Moore 准将:「Splunk プラットフォームは、英国国防省の『活動セキュリティおよびサービス管理』プログラムの一環として、当省にリアルタイムのシステム防御とネットワーク監視機能を提供しています。現在、固定ネットワークおよびモバイルネットワークの稼働状況を一元的に監視できるようになりました。そして、Splunk の導入開始からたった数ヵ月で、今後、Splunkの高度なデータ分析機能は、英国国防省における様々な分野で活用することが出来ると認識しました。」

省内の業務改善に加え、米国の各省庁においてSplunk プラットフォームは、サイバー脅威への対策、スマートインフラストラクチャーの取り組みの促進、市民の満足度向上等にも役立っています。Splunk が支援し、特に迅速な成長を果たした州や地方自治体の事例についてはこちらをご覧ください(state and local governments、 (リンク ») )。
現在、米国における50 州の内 43の 州、大都市の半数の25 の市、大規模な郡の 65% が Splunk を使用しています。


     ロサンゼルス市最高情報セキュリティ責任者 Timothy Lee 氏:「ロサンゼルス市は、米国で最も技術的な取り組みが進んだ都市の一つです。そのため、私たちが高度なサイバー犯罪者の主要なターゲットになってしまうのも無理はありません。分析主導型のセキュリティアプローチによってより効果的に防御するためには、脅威インテリジェンスのレベルを向上させ、同時に運用コストを削減することのできる、スケーラブルなセキュリティプラットフォームが必要でした。Splunk のおかげで、市は理想的なセキュリティ オペレーション センターを構築できました。これにより、脅威の追跡プロセスを自動化しつつ、チームのリソースを節約しながら、攻撃を受ける前に未然に対策をとるセキュリティ対策を練ることが出来るようになりました。Splunk Enterprise Security(ES) を使用するということは、街の隅々にまでビデオカメラが設置されているようなものです。システムの基盤であるネットワーク上で何が起こっているかが可視化出来るようになるのです。」

官公庁以外の大学・研究機関において、Splunkは、学生の学力向上を促し、安全で移動効率に優れたキャンパスを演出し、大学事務の業務効率も向上させています。Splunk プラットフォームを使用することで、大学は (colleges and universities、 (リンク ») ) 総合的なデータの流れを 1 か所で把握し、リアルタイム分析で強力な洞察を得ることができます。Splunk は世界中の 750 以上の大学・研究機関で使用されており、K-20 に分類される多くの学校でも採用されています。

     ジョージタウン大学最高情報セキュリティ責任者 Joseph Lee 氏:「Splunk は、ジョージタウン大学において、サイバー脅威に対抗するための、分析をベースとした多層的なアプローチを提供するという重要な役割を果たしました。14,000 を超える電子メールアドレスを保持し、世界的にも名が通っているジョージタウン大学は、大きな標的となり得ます。Splunk のおかげで、セキュリティ オペレーション センターの中心に分析機能を取り入れることができ、当校独自のデータを使用しながら、脅威を追跡、軽減、修復することが可能となりました。」

Splunk がどのように公共機関のミッション達成を支援しているかについては、Splunk website ( (リンク ») )をご覧ください。

Splunk Inc. について
Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK) は、機械学習によってマシンデータから答えを導き出します。お客様は、市場をリードする Splunk の機械学習ソリューションを利用し、IT やIoT(モノのインターネット)、セキュリティ上の難問を解決しています。何百万というユーザーが積極的に利用している Splunk で、「ひらめき」や「気付き」を見つけてみませんか。 (リンク »)

Splunk、Splunk>、Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Splunk Cloud、Splunk Light および SPL は、Splunk Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。(C) 2017 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。

詳細については、お問い合わせください。

営業担当
Splunk Services Japan
電話 03.6206.3730
splunkjp@splunk.com

メディア関連のお問い合わせ先
Bill Bode
Splunk Inc.
電話 415.706.1236
bbode@splunk.com

投資関連のお問い合わせ先
Ken Tinsley
Splunk Inc.
電話 415.848.8476
ktinsley@splunk.com


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]