長春が地元企業120社を世界に推薦

Changchun Municipal Government 2017年09月28日

From 共同通信PRワイヤー

長春が地元企業120社を世界に推薦

AsiaNet 70320 (1510)

【長春(中国)2017年9月27日新華社=共同通信JBN】中国北東部の長春市政府は、高い品質と信用を備えた地元企業120社を最近のイベントで世界に紹介、外国投資の誘致ならびに北東アジアの地域センターとしての同市の構築の促進を狙った。

長春は中国の北東地域および北東アジアの地理的中心に位置する。4つの国家級開発区と国家級新区を有する。長春は中国の重要な産業拠点ならびに商品穀物拠点である。自動車、農産品および機器製造の3つを支柱産業とする同市は、バイオ医薬品、新エネルギー、光電子情報を含む6つの戦略的新興産業も誇りとする。今年上半期は8%の経済成長を維持、全国平均を上回り地域の主要都市をリードした。

ジア・リナ長春市副市長は、中国・モンゴル・ロシア経済回廊および国家の長春市・吉林省・豆満江開放戦略に沿った重要都市として、長春にはロケーション、資源、教育、産業基盤、適切な生産要素、複数の開発区・パーク、有利な環境ならびに政策を含む10の利点があると語った。同市はまた、一層の開放を進め世界の経済発展に統合することを目指す。

First Automobile Group、CRRC Changchun Railway Vehicles Co.、Changchun Ouya Group、Dirui Industrial Co.、Kinglaser Co.およびHaoyue Groupなど複数の企業がリストに含まれた。長春米やシラカバ樹液ワインなどの地元特産品も宣伝された。

チ・グオファ長春市渉外担当局長は、長春は自動車、映画、彫刻、科学教育および緑化で有名であり、9年連続で「最も幸福な都市」の1つに選ばれたと述べた。この宣伝は当市の企業の「海外進出」を助け、より多くの投資を引き付けることになろう。堅固な国際協力は、北東アジアの地域センターとしての当市の開放と発展に貢献する。

ソース:Changchun Municipal Government

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。