SeabornとAqua Commsが提携し南米・欧州間の次世代海底ルートを提供へ

Seaborn Networks 2017年10月02日

From 共同通信PRワイヤー

SeabornとAqua Commsが提携し南米・欧州間の次世代海底ルートを提供へ

AsiaNet 70365 (1527)

【ボストン、ダブリン2017年9月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*SeabornのSeabras-1とAqua CommsのAEConnect海底ケーブルシステムがいまや相互接続し、サンパウロ・ロンドン間の最新のルートを創設

ニューヨーク・サンパウロ間を直接結ぶ海底光ファイバーネットワークのオーナー・運営企業であるSeaborn Networks(以下、「Seaborn」)( (リンク ») )とニューヨーク、ダブリン、ロンドンを相互接続するアイルランド初の専用光ファイバーネットワークの運営企業、Aqua Comms DAC(以下、「Aqua Comms」)は9月29日、南米・欧州間の新たな次世代海底ルートを提供するための戦略的提携を結んだと発表した。SeabornのSeabras-1( (リンク ») )海底ケーブルシステムはいまや、Aqua CommsのAmerica-Europe Connect-1(AEConnect)( (リンク ») )海底ケーブルネットワークと直接相互接続する。このサービス提供はSeabornおよびAqua Commsを通じてのみ利用可能だ。

Photo - (リンク »)

SeabornのSeabras-1はニューヨーク・ニュージャージー都市圏とサンパウロ間の最速のルートを提供している。Aqua CommsのAEConnectはダブリン経由でニューヨーク・ロンドン間の最新かつ最も直接的なルートを提供している。この2つの海底ケーブルシステムは、Seabornの専用のネットワーク運営センターが置かれているニュージャージー州セコーカスで相互接続する。Seaborn、Aqua Commsの両社はそれぞれの海底ケーブルの陸揚げ地点に関連した都市圏で地理的に反対のバックホールおよび様々なポイントオブプレゼンス(PoP)地点を提供する。

顧客はSeabornないしAqua Commsを通じて契約しこの統合された南米・欧州ルートの全面的な利益を受けることができるようになる。

今回の戦略的提携が顧客に提供するいくつかの利益には以下が含まれている:
*業界をリードするサービス水準合意(SLA)を持つ統合能力契約および請求書
*エンドツーエンド・ソリューションに関する100Gbps(100ギガビット毎秒)コヒーレント技術を持った最新のネットワーク・アーキテクチャー
*金融機関向けのSeabornの特許権のある超低レイテンシー・ソリューション
*海底ケーブル・インフラストラクチャーおよび各々のシステムのバックホール・ルートを構築・運営し、高品質のサービスと改善された情報アクセスを提供する運営会社と直接連絡できること。そして南米との往復ルートはフロリダ、カリブ海、バミューダというハリケーンの多い地域を回避している

Seaborn Networksのラリー・シュワルツ最高経営責任者(CEO)は「Aqua Commsと提携して、欧州から南米へのルートを最初に提供することは非常に喜ばしいことである。当社の組織は、通信企業、コンテンツプロバイダー、ISP、政府およびエンタープライズ向けに最高水準のソリューションを提供する方法について見解を共有する、社風の合う運営企業である」と語った。

Aqua Commsのナイジェル・ベイリフCEOは「Aqua CommsとSeabornは、大西洋通信市場に革新的で柔軟性のある信頼性の高いコネクティビティー・ソリューションを効率的に提供するための伝統と共通の精神を共有している。両社とも近代的で洗練された海底ケーブルシステムの開発、構築、運用を専門としており、提携はわれわれが顧客に両社の結合ネットワークの利点を提供する一助となろう」と述べた。

SeabornとAqua Commsとの戦略的提携はまた、両者のいずれかが引き続き構築し、運営する将来のシステムおよび支線に関連し、その結果、各運用会社のそれぞれの顧客に最大限の柔軟性を提供する。

Seaborn Networksに関するより詳細な情報は (リンク ») を参照

Aqua Commsに関するより詳細な情報は (リンク ») を参照するか、media@aquacomms.com に電子メールを。

▽Seaborn Networksについて
Seaborn Networksは、ニューヨーク・サンパウロ間のSeabras-1、およびサンパウロ・ブエノスアイレス間のARBR(2018年第4四半期にサービス開始予定)などの独立系の海底光ファイバーケーブル・システムの大手開発・オーナー・運営企業である。Seabornは、世界最大級の海底および陸上ネットワークの多くの設計・構築・運営の経験を持つ海底ケーブルおよびホールセール通信企業の成功した経営幹部たちが立ち上げた企業である。Seaborn Networksおよびその新しいブラジル・米国間の海底ケーブルシステムであるSeabras-1に関する詳しい情報は (リンク ») を参照。


▽Aqua Comms DACについて
Aqua Comms DACは、大西洋ケーブルAEConnectおよびアイルランド海ケーブルCeltixConnectの所有者および運営者であり、海底光ファイバケーブルネットワークの構築、取得または合併のビジョンを持って設立され、グローバルメディア、コンテンツプロバイダーおよびIT企業にキャパシティー・ネットワーキング・ソリューションを提供している。Aqua Commsとその新しい大西洋横断海底ケーブルシステムAEConnectの詳細については (リンク ») を参照。

▽報道関係問い合わせ先  
Kate Wilson
Seaborn Networks  
Phone: +1 978 471 3169  
E-mail: kate.wilson@seabornnetworks.com

iMiller Public Relations for Aqua Comms  
Tel: +1 866 307 2510  
pr@imillerpr.com

Logo - (リンク »)

Logo - (リンク »)

ソース:Seaborn Networks

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]