レベル3が世界的な次世代セキュリティーの展開を広げ、脅威環境の進化に対応

Level 3 Communications, Inc. 2017年10月03日

From 共同通信PRワイヤー

レベル3が世界的な次世代セキュリティーの展開を広げ、脅威環境の進化に対応

AsiaNet 70369 (1536)

【ブルームフィールド(米コロラド州)2017年10月2日PR Newswire=共同通信JBN】
*今、アジア太平洋とアフリカでAdaptive Network Securityが利用可能になり、欧州と北米にも追加のゲートウエーを提供

絶えず変化する世界的な脅威環境に遅れをとらないために、企業は従来の前提に基づくセキュリティー対策を、よりシンプルで強力な防御を実現する次世代ソリューションに置き換えている。サイバーセキュリティーの脅威の量と洗練度がこれまでになく高いことから、レベル3コミュニケーションズ(Level 3 Communications, Inc)( (リンク ») )(NYSE: LVLT)はクラウドベースで次世代の同社Adaptive Network Security( (リンク ») )の展開を世界中の新しい地域と追加ゲートウエーに拡大している。アジア太平洋とアフリカの事業者は今、世界的なネットワークベースのファイアウオール・サービス( (リンク ») )を利用することが可能だ。

Photo - (リンク »)

Adaptive Network Securityはクラウドベースのセキュリティーソリューションで、不正侵入の防御、保護システム、アンチマルウエア・サンドボックス、データ消失保護を含む次世代のファイアウオール機能、URL・ウェブコンテンツ・フィルタリング、アプリケーションの可視性とコントロールを組み入れたもので、顧客に数多くのハイブリッドネットワーク・シナリオをサポートする余力を提供することが可能。

Adaptive Network Securityがどのように世界の企業を支援し、コストと複雑性を削減しながらセキュリティー体制を強化しているかを見てみよう。
(リンク »)

▽キーメッセージ
*顧客はアジア太平洋、欧州、中東、アフリカ、北米にわたって展開する様々なセキュリティー・ゲートウエーを通してAdaptive Network Securityにアクセスできる。すべてがレベル3の拡張性を持つグローバルなVPNバックボーンで相互接続されている。
*Adaptive Network Securityはサイバー攻撃をモニターし、ブロックし、リポートする可視性とコントロールを顧客に提供する。
*レベル3はNetFlowでの日毎940億セッションにわたって13億のセキュリティー事象、さらに5000コマンド以上のアクティビティー、コントロールサーバー(C2s)、悪意あるIPをモニターし、攻撃を検出、ブロックする基準を作っている。
*このクラウドベース・アーキテクチャーのAdaptive Network Securityはハードウエアに依存するサイクルを排除し、顧客の個別ニーズに対応するカスタム設定の特性と機能により、企業のセキュリティー環境を「将来も持続する」ものにする。
*レベル3は顧客が使用するインターネットが同社提供であるかどうかを問わないネットワークソリューションでアプローチしており、Adaptive Network Securityは顧客に、データセンター、クラウド展開からブランチ、遠隔オフィス、モバイル従事者に至る今日の分散型ハイブリッドネットワークとの互換性、そしてセキュリティーカバレッジとの統一性を提供する。
*レベル3の顧客ポータルを通してユーザーは自身のAdaptive Network Securityのエコシステムを見ることができ、多数のリポートとゲートウエー性能メトリクスへのアクセスができる。

▽重要な引用
レベル3のグローバル・マネジドセキュリティー・サービシズ担当上級副社長、クリス・リヒター氏は「脅威環境は進化を続け、その一方で企業にとってセキュリティーソリューションのコストと複雑さが増している。レベル3のAdaptive Network Securityの拡張は、ハードウエアへの依存サイクルを排除し、悪役に後れをとらないための経営負担を軽減するアダプテイィブ・ネットワークング・ソリューションの提供において次のステップに達した。世界の事業者はAdaptive Network Securityの最新セキュリティー技術を活用することで、自身のネットワークと従業員を安全にし、事業に最も重要なことに専念することができる」と述べた。

レベル3のアジア太平洋地域セールス担当副社長のリッキー・チャウ氏は「ネットワークセキュリティーは世界のビジネスで最大の関心事である。アジア太平洋の戦略マーケットと全世界にレベル3のAdaptive Network Securityを拡大することは、事業に影響する可能性がある脅威から顧客を守るユーザー定義のアダプティブ・ネットワーク・ソリューションを提供する当社の現在のコミットメントにおける新たな1歩である」と述べた。

▽追加リソース
*進化する脅威環境に対応する戦略を理解するにはこの動画を参照。
( (リンク ») )
*ネットワークベース・セキュリティーからの利益についてはこちらを参照。
( (リンク ») )
*レベル3のAdaptive Network Securityの特徴について。
( (リンク ») )
*アジア太平洋における最新の脅威に関する情報。
( (リンク ») )

レベル3の先端ネットワークとサービスについては( (リンク ») )を参照のこと。

▽レベル3コミュニケーションズについて
レベル3コミュニケーションズ(Level 3 Communications, Inc.)(NYSE: LVLT)は、企業、政府、通信キャリアといった顧客に対し、米国国内及び、国際間における通信サービスを提供するフォーチュン500企業である。レベル3のサービスポートフォリオには、ファイバー、インフラストラクチャー・ソリューション、IPベースの音声・データ通信、広域イーサネットサービス、ビデオ・コンテンツ配信、データセンター、クラウドベース・ソリューションが含まれる。レベル3は3大陸にまたがる大規模な自社海底ファイバー網に支えられ、60カ国余りの500以上の市場の顧客にサービスを提供している。詳しい情報は( (リンク ») )を検索またはTwitter、Facebook、LinkedInでフォローを。

(C) Level 3 Communications、LLC、無断複写・複製・転載を禁ず。Level 3、Vyvx、Level 3 Communications、Level (3)、Level 3ロゴはLevel 3 Communications, LLCおよび/または米国内外の子会社の登録サービスマークである。本リリース中のその他のサービス名、製品名、企業名、ロゴは各所有者の商標またはサービスマークである。レベル3のサービスはLevel 3 Communications, Inc.の子会社が提供している。

▽報道関係問い合わせ先
Stephanie Walkenshaw
+1-720-888-3084
stephanie.walkenshaw@level3.com;

▽投資家問い合わせ先
Mark Stoutenberg
+1-720-888-2518
mark.stoutenberg@level3.com

Logo - (リンク »)

ソース:Level 3 Communications, Inc.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]