「目の愛護デー」+「世界視力デー」=10月は「目の愛護月間」「JIN-仁-」×「アルコン」目の疾患啓発マンガシリーズをウェブ掲載

ノバルティス ファーマ株式会社 2017年10月10日

From Digital PR Platform






日本アルコン株式会社(代表取締役社長: ジム・マーフィー)とアルコン ファーマ株式会社(代表取締役社長: 小川 省一郎)は、10月10日の「目の愛護デー」および10月12日の「世界視力デー(World Sight Day)」にちなみ、10月を「目の愛護月間」として、人気医療マンガ「JIN-仁-」を使った、目の疾患啓発に関するオリジナルコンテンツをホームページ( (リンク ») )上で掲載します。

『「JIN-仁-」×「アルコン」眼の章』と題し、10月10日から3週にわたり、毎週1本ずつ計3本を公開します。



今回、目の疾患が気になり始める40代から50代に人気の医療マンガ「JIN-仁-」にオリジナルのストーリーを載せ、老眼(10月10日公開予定)、糖尿病網膜症(10月17日公開予定)、白内障(10月24日公開予定)に関するコンテンツを順次公開します。「JIN-仁-」の主人公である南方仁先生が、タイムスリップした江戸時代で、これらの疾患や症状に悩む登場人物に現代の最新治療を伝授していきます。コンテンツは2018年1月上旬まで、3カ月の期間限定で公開されます。



日本アルコン株式会社とアルコン ファーマ株式会社は、この取り組みを通じて多くの方々に目の疾患や症状について知っていただき、目の検診の大切さを訴えていきたいと考えています。









■JIN-仁- について

村上もとか氏による人気の医療マンガです。主人公の南方 仁(脳外科医)が江戸時代へタイムスリップし、現代の医療の知識で多くの人々を救っていきます。「スーパージャンプ」(集英社)で2000年から2010年まで連載され、2011年には第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しました。



■世界視力デー(World Sight Day)について

失明や視覚障害に対する意識向上と啓発を目的に、10月の第二木曜に設定されているもので、毎年世界各地で視力関連のイベントが行われています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。