「珈琲♡和菓子アワード2017」受賞和菓子を決定!

味の素AGF株式会社 2017年10月17日

From 共同通信PRワイヤー

2017/10/16

味の素AGF株式会社

「珈琲♡和菓子アワード2017」受賞和菓子を決定!
部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい和菓子アワード
部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト

 味の素AGF株式会社(代表取締役社長:品田 英明)は、「珈琲♡和菓子プロジェクト」の一環として「珈琲♡和菓子アワード2017」を実施しておりましたが、このたび、《部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい 和菓子アワード》と《部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト》の受賞和菓子が決まりましたので結果発表を行います。「珈琲♡和菓子プロジェクト」は、日本の水に合う「JapaNeeds Coffee®」(ジャパニーズコーヒー)を目指したブランドAGF®「煎」が展開しています。

 《部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい和菓子アワード》では、自薦・他薦によりエントリーされた和菓子115品を対象に、2017年8月1日(火)から8月31日(木)まで特設WEBサイト内で一般投票を行った結果、北海道・東北ブロック、関東・甲信越ブロック、中部・北陸ブロック、近畿・中国ブロック、四国・九州・沖縄ブロックの各ブロックで選ばれた上位5品、計25品を発表します。「和菓子が持つ歴史的背景やストーリーの魅力」「地域の文化や特産物などとの関係性」「コーヒーとの味覚的な相性」を基準とし、地元で愛されている群馬県藤岡市の「虎屋本店」の「鬼もなか」や福島県郡山市「柏屋」の「柏屋薄皮饅頭」をはじめ、現代ならではの進化した和菓子店「wagashi asobi」の「ドライフルーツの羊羹」など、多種多様な和菓子が選ばれました。

 《部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト》では、和菓子の製造や販売に携わる方175名によりエントリーされた、コーヒーを原材料として用いた新しい創作和菓子の中から、1次審査と審査員による実食審査を経て選ばれたグランプリ1品、大賞2品、金賞5品、優秀賞5品を発表します。グランプリには、株式会社虎屋の京増正巳(きょうますまさみ)さんによる和菓子「珈琲break」が選ばれました。

今後の「珈琲♡和菓子プロジェクト」の展開については「珈琲♡和菓子アワード2017」特設WEBサイトにて随時公開します。

▼「珈琲♡和菓子アワード2017」特設WEBサイト  (リンク »)

【画像: (リンク ») 】

■部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい和菓子アワード
コーヒーを楽しむ時間を豊かなものにしてくれる和菓子が、全国各地より自薦68品、他薦47品、計115品エントリーされました。この中から北海道・東北ブロック、関東・甲信越ブロック、中部・北陸ブロック、近畿・中国ブロック、四国・九州・沖縄ブロックの各ブロック上位5品、計25品が一般投票により選ばれました。

■受賞和菓子
北海道・東北ブロック
【画像: (リンク ») 】

関東・甲信越ブロック
【画像: (リンク ») 】

中部・北陸ブロック
【画像: (リンク ») 】

近畿・中国ブロック
【画像: (リンク ») 】

四国・九州・沖縄ブロック
【画像: (リンク ») 】

■部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト
和菓子の製造や販売に携わる方175名によりエントリーされた、コーヒーを原材料として用いた新しい創作和菓子の中から、レシピ選考による1次審査、審査員による実食審査を経て、グランプリ1品、大賞2品、金賞5品、優秀賞5品の計13品を決定しました。

【画像: (リンク ») 】







関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]