横浜商科大学が12月17日に川崎市で「観光ビジネス人材育成講座」を開催 -- 平成29年度文科省委託事業

横浜商科大学 2017年10月24日

From Digital PR Platform




横浜商科大学(横浜市鶴見区)は12月17日(日)に川崎市産業振興財団で「観光ビジネス人材育成講座」を開催する。これは、同大が文部科学省委託事業として取り組む「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」の一環として行うもの。川崎市のインバウンド観光の魅力と課題など、未来に向けたより高次なインバウンドビジネス創出の可能性を探る。




横浜商科大学では、文部科学省より平成29年度「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」(観光分野)を受託し、「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」に取り組んでいる。
 同事業では、地域におけるインバウンド観光分野のフロンティアビジネス(新機軸の観光ビジネス)に関する知識と技能を有し、新たな観光価値を創造し、地域の発展に寄与する人材を育成すること、学修者の当該地における観光業への就労・起業、地域間ネットワーク構築を目指す事業で、eラーニングや地域での講座プログラムの開発と実施、調査事業等を行っている。

 11月に予定されている北海道ニセコにつづいて今回、川崎市においても「観光ビジネス人材育成講座」(社会人向け/学生も参加可)を開催。インバウンドの入門講座に加え、川崎市のインバウンド観光の魅力と課題など未来に向けたより高次なインバウンドビジネス創出の可能性を探る。講座修了者には「修了証」が授与される。開催要領は以下の通り。

◆「川崎でのインバウンド観光はいかにあるべきか~ 地域インバウンド対応のための観光ビジネス人材育成講座」
【開催日】 12月17日(日)
【開催場所】 川崎市産業振興財団 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20(JR川崎駅西口徒歩8分)
       (リンク »)
【スケジュール】
10:00      受付開始
10:30~10:50 開会挨拶&導入講座「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成」
         講師: 竹田育広(横浜商科大学商学部観光マネジメント学科准教授)
11:00~12:30 講座「インバウンド入門」
         講師: 鈴木克明氏(日本政府観光局(JNTO) コンベンション誘致部 調査役)
12:30~13:30 昼休憩
13:30~15:15 ワークショップ「川崎インバウンド観光の魅力と課題」
         講師: 田中敦氏(山梨大学 生命環境学部地域社会システム学科(観光政策科学特別コース)教授)
15:30~16:15 発表&意見交換会
16:15~16:30 講評
16:30      終了予定
【定員】 30名
【申込】 チラシの記載内容をご確認のうえ、web申込フォーム( (リンク ») )にアクセス、
    もしくは、メールの件名を「川崎観光ビジネス講座申し込み」とし、以下の情報を記載のうえ、
     2017-csj-g@shodai.ac.jp までメールでお申込みください。
(1)氏名(2)フリガナ(3)所属(4)メールアドレス(5)電話番号

(関連記事)
・横浜商科大学が11月23・24日にインバウンドの最先端地域・ニセコで「観光ビジネス人材育成講座」を開催 -- 平成29年度文科省委託事業(2017/10/16)
  (リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
横浜商科大学学術情報センター
中核的人材養成事業担当
住所:〒230-8577 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
TEL:045-583-9057
FAX:045-584-4870
メール:2017-csj-g@shodai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]