Ninebot Inc.がモバイルロボティクスとインテリジェント短距離輸送製品のために1億ドルを調達

Segway & Ninebot 2017年10月25日

From 共同通信PRワイヤー

Ninebot Inc.がモバイルロボティクスとインテリジェント短距離輸送製品のために1億ドルを調達

AsiaNet 70705 (1670)

【北京2017年10月24日PR Newswire=共同通信JBN】短距離電動輸送業界をリードするNinebot Inc.は24日、SDIC Fund Management Company Ltd.とChina Mobile Fundから1億米ドル相当のCラウンド資金を調達したと発表した。China Renaissanceが今回の資金調達で独占的な金融アドバイザーを務めた。今回の調達資金はNinebot事業の世界展開をさらに推し進めるため、モバイルロボティクスおよびインテリジェント短距離輸送ソリューション専用に使用される。Ninebotのルーフェン・ガオ創業者兼最高経営責任者(CEO)は、今回の素晴らしいニュースを社内文書ですべての職員に伝達した。

Ninebotは2012年の創業当初から急成長し、Xiaomi、Sequoia Capital、Shunwei Capital、Huashan Capital、インテル、GIC、Haiquan Fundsなどの投資家および株主から支援を受けている。2015年3月、Ninebotは電動セルフバランシング輸送の世界リーダーSegway Inc.を買収した。これでSegway & Ninebot Groupが形成され、同社をインテリジェント短距離輸送ソリューションの世界リーダーにした。現在、同グループは個人輸送とSegway Roboticsという2つの主要業務分野でリーダーになった。

Ninebotのルーフェン・ガオ創業者兼最高経営責任者(CEO)は「AIとインテリジェントロボットは未来社会のすべての局面に重大な影響を及ぼすと確信している。これがさらなる成長と発展をもたらすことなる」と語った。Ninebotは今年初め、AUVSI XPONENTIAL 2017イベントでSegway Loomoを公開した。NinebotがSegway Roboticsの開発に専念した成果の1つである。Loomoはすでに汎用ロボティック・サービスプラットフォームの元型となった。Ninebotはロボティクスおよびインテリジェント短距離輸送ソリューションの研究開発への投資を増額することによって、より未来志向で技術的に進んだ製品をユーザーに提供するという目標を掲げ、同社の使命「Simply Moving!」にこだわっていく。

ルーフェン・ガオ氏はまた「われわれは研究開発、人材育成、営業活動のイノベーションを大いに重視する。このため、われわれは新しいプロジェクトおよびアイデアを実験する独立した研究所を開設し、さらにより優れた人材を引き付けるために世界中で採用広告に資金を注いできた」と語った。

▽Segway & Ninebotについて
Ninebot Inc.は中国の北京に本社を構えている。Ninebot Inc.はSegway Inc.を買収し、新しくグローバルなSegway企業を組織した。同社の事業は個人輸送とSegway Roboticsの2つの主要事業分野に注力している。詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

ソース:Segway & Ninebot

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]