ミツフジ、福岡市とウェアラブルIoT製品hamon(R)の体調見守り実証実験をスタート

ミツフジ株式会社 2017年10月27日

From PR TIMES

ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩)は、2017年11月7日より、福岡市消防局の消防学校にて、自社のIoTウェアラブル製品hamon(R)を使用し、消防学校での教育訓練及び研修時の見守り実証実験を開始いたします。



実験では、受講する消防局員の方に受講中hamon(R)を装着頂き、RRIや加速度の取得を行います。そこで得られたデータを元に心拍数の算出、ストレス値の算出、体調の検知、転倒の検知などのロジックの開発、精査を行い、IoTウェアラブル製品hamon(R)の体調見守りサービスのサービスレベル向上と、さらなるビジネス展開に生かしていく予定です。

なお、当プロジェクトは、福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)が主催する「福岡市実証実験フルサポート事業」 2017年度第1期採択プロジェクトに採択され、福岡市経済観光文化局のご協力のもと実施されます。


[画像: (リンク ») ]

ミツフジは、福岡市に研究開発拠点を2017年12月をめどに開設し、当プロジェクトを始めとする様々な製品開発を行い、福岡や九州の行政と連携しながら、企業、大学との提携、開発に取り組み、社会課題の解決への取り組みを加速致します。

■「福岡市実証実験フルサポート事業」について
福岡市実証実験フルサポート事業は、ITやIoTのテクノロジーを活用する独自の技術やアイデアを活用した実証実験のプロジェクトを全国から募集し、優秀なプロジェクトについては、福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)が実証実験のサポートを行うものです。サポート内容は、実証実験の場の斡旋や、PRのための場の提供、実証実験に必要な費用の助成などです。

【会社概要】
社名:ミツフジ株式会社(京都府精華町)
業務内容:ウェアラブルIoT製品向け導電性繊維「AGposs(R)」「AGfit™」、及びウェアラブルIoT製品「hamon(R)」の開発、製造、販売
特徴:国内外大手企業の多くが採用するウェアラブル電極センサーを自社開発
沿革:
昭和31年 三寺冨士二が西陣帯工場として創業
昭和55年 導電性繊維の用途開発を始め、導電性ネット、テープなどを開発・販売
平成14年 銀メッキ繊維のブランド”AGposs(R)"を立ち上げ、商標登録。
平成20年 国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の下着素材にAGposs(R)が採用。
平成27年 第1回ウェアラブルEXPOに出展。
平成28年 着衣型センサーを使ったIoTウェアラブルデバイスの自社ブランド「hamon@」を発表
平成29年 世界最大の家電見本市「CES2017」にhamon(R)を出展
【コーポレートサイト】: (リンク »)
【hamon(R)公式サイト】  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]