Arçelik A.Ş.がヨーロピアン・サプライ・マネジメント・アワードで企業責任のリーダーとして称賛される

Arcelik A.S. 2017年10月31日

From 共同通信PRワイヤー

Arçelik A.Ş.がヨーロピアン・サプライ・マネジメント・アワードで企業責任のリーダーとして称賛される

AsiaNet 70787

Arçelik A.Ş.が名誉あるヨーロピアン・サプライ・マネジメント・アワードで企業責任のリーダーとして称賛される

イスタンブール、2017年10月31日/PRニュースワイヤー/ --
Arçelik A.Ş.が2017 European Chartered Institute of Procurement and Supply Management Awardsで「Best Contribution to Corporate Responsibility(企業責任への最高の貢献)」受賞者に選定

大手家庭用機器メーカーでありBekoとGrundigの親会社であるArçelik A.Ş.は、Chartered Institute of Procurement and Supply(CIPS)とProcureConが主催する2017 ヨーロピアン・サプライ・マネジメント・アワードで「企業責任への最高の貢献」を受賞するという栄誉に輝いたことをお知らせします

    (写真: (リンク ») )

会社の真髄に持続可能性を据えているArçelikによる受賞は、同社の革新的な「ビジネスの透明性」トレーニングプログラムでのサプライチェーン全体の透明性と持続可能性を向上させるサプライヤーと継続的な取り組みを評価するものです。2015年と2016年に実施されたこのプログラムは、Arçelikのサプライヤーを対象に、持続可能性レポートにおける訓練、指導、展開を提供し、社会問題、環境問題、人権問題、倫理的問題への取り組みを認定します。

サプライヤーに権限を持たせ、専門知識を与え持続可能性を高めることで、Arçelik自体とサプライヤーが社会的利益を得るとともに、Arçelikは欧米の主な輸出市場での財政的な競争力を高めてきました。

先月ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ新興成長市場インデックスに初のトルコのメーカーとして選定されたことに続き、ArçelikのCIPSアワードでの評価は持続可能性におけるリーダーとしての同社の評判を強固なものにします。

CIPS  サプライ・マネジメント・アワード・ヨーロッパは、ProcureCon ヨーロッパと協力関係にあり、調達・サプライチェーンの専門家の間で評判の高い卓越性の基準となっています。そのカテゴリーは企業責任、人材開発、サプライヤー関係などの調達分野全体を対象としています。

今回の受賞に関してArçelik A.Ş.のCFOであるPolat Şen氏は次のようにコメントしています。「企業として具体化している持続可能性の価値を守るためのサプライヤーとの継続的な取り組みを評価する名誉あるCIPS サプライ・マネジメント・アワードを受賞でき光栄です。Arçelikでは、バリューチェーン全体を通して持続可能性を組み込んでいる業界のリーダーであることを誇りに思います。このコミットメントにより当社の責任ある企業としての地位か強化され、当社のサプライチェーンはさらに革新を刺激して競争上の優位性を高めることでしょう。」

ソース:Arcelik A.S.


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]