ブームの兆し?中食市場に参入する飲食店が増加中!

テイクアウトナビ株式会社 2017年10月31日

From PR TIMES



登録店舗募集開始から約3ヶ月が経ち、テイクアウトナビ( (リンク ») )の登録店舗は公開準備のものを含めると現在200店舗を超えております。

大手、 中規模チェーンから個店、また居酒屋、ハンバーガー、中華、アジア・エスニック料理、お好み焼、ピザ等、幅広い飲食店の皆様に日々登録を進めていただいております。

登録店舗急増の背景

外食市場や内食(自炊)市場が伸び悩む一方で、 調理済みの料理を自宅やオフィス等で食べる中食市場は一貫して伸長してきております。

[画像1: (リンク ») ]


これは夫婦共働き世帯の増加、独身世帯の増加、コンビニやスーパーにおけるお弁当、惣菜が充実してきたことが主要因として考えられます。

しかし、中食市場はコンビニやスーパーが主要プレイヤーとなっており、飲食店は一部デリバリーサービスを行っている店舗を除くと殆ど存在感がないという現状となっております。

[画像2: (リンク ») ]



このように、飲食店の中食市場における存在感が低い理由は以下の通りに大きくまとめられます。


・テイクアウトはやっているものの、余り顧客に認知されていない
・顧客が店内又は店外で調理が終わるのを待たなくてはいけない
・待つのを避けるためには電話注文しなくてはいけない

・デリバリーに関しては伸びてきているものの、飲食店へのコスト負担が大きく、また消費者にとっても配送費コストや最低注文額などが負担となるため日常的に使用するのは余り想定できない

上記の問題をテイクアウトナビ導入により、一挙に解決できるため、現在多くの飲食店の皆さまにお問い合わせをいただいており、登録店舗数が増加して来ております。


今後の展開

今後、テイクアウトナビは登録飲食店数の増加のための営業活動を進めていく一方で、ユーザー側への周知にも積極的に施策を打つ予定です。登録店舗の多い地域に絞ったマーケティング施策から開始することを想定しております。

コンビニ・スーパーでお弁当・惣菜を日々購入している消費者層にもっと飲食店のテイクアウトを楽しんでいただけるよう、また日々自炊しているものの余り時間が無い方に美味しい飲食店の料理を家で気軽に楽しんでいただけるよう、積極的に周知活動を行っていく方針です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。