スマートフォンアドネットワーク「nend」が 広告主向けに動画広告の提供を開始 ~機械学習による新最適化アルゴリズム「ダイナミックCPC」を搭載~

株式会社ファンコミュニケーションズ 2017年11月01日

From DreamNews

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)が運営する、国内最大級のスマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」< (リンク ») >は、2017年11月1日より広告主向けに動画広告配信機能の提供を開始しました。

「nend動画」では、広告主が安心して出稿でき高いパフォーマンスを実現できるよう、機械学習を用いた新広告配信最適化アルゴリズム「ダイナミックCPC」、少ない広告素材で動画広告配信を可能にする「エンドカード生成機能」、ビュースルーコンバージョンを透明性高く提供する「ビュースルーコンバージョン対象時間設定」、既存ユーザーへのリエンゲージメント配信を行う「アプリエンゲージメント広告配信機能」の4つの機能を、これまで同様クリック課金で提供します。




「ダイナミックCPC」はnendが保有するビッグデータを活用した独自の広告配信最適化アルゴリズムが実装されています。具体的には、広告主が求める成果指標をベースとして、機械学習により広告案件・クリエイティブ・広告枠の特性からユーザーの特性や傾向、さらには通信状態に関する特徴も加味し、インプレッション単位で適切なCTR/CVR評価と自動入札を行います。

このためnendの動画広告では少ない運用工数で広告パフォーマンスの最適化が図れ、一部の広告主に限定して行った先行配信では、広告主が求める成果目標と実績の差が平均で9%と、高い精度での広告配信最適化を実現できています。




nendの動画広告は、10月11日に先行してアプリメディア向けの「動画リワード広告」と「動画インタースティシャル広告」を開始し、リリース開始から3週間で400を超えるアプリメディアにご登録をいただいています。

nendでは今後も動画機能の拡充や広告配信最適化アルゴリズムの強化を行い、広告主-メディア-消費者がwin-win-winになる広告プラットフォームを目指してまいります。

■画像素材(ご自由にお使いください):
(リンク »)
(リンク »)

「nend」について
「nend」はスマートフォンユーザーが訪れるサイトやアプリ内に、親和性の高い広告を自動的に配信するサービスです。掲載メディアはSDK組み込みまたはJavaScriptタグ設置により導入することができ、広告主はCPAやCPIなどの成果指標に基づく広告配信の最適化を行うことが可能です。

株式会社ファンコミュニケーションズについて
ファンコミュニケーションズ< (リンク ») >は、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」< (リンク ») >やスマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」< (リンク ») >、リターゲティング広告サービス「nex8(ネックスエイト)」< (リンク ») >などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。

所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル
設立日:1999年10月1日
代表者:代表取締役社長 柳澤 安慶 (やなぎさわ やすよし)
資本金:11億3,591万円(平成28年12月31日現在)

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ
株式会社ファンコミュニケーションズ 広報室 担当:佐藤・下坂
Tel:03-5766-3792 / 080-4064-4879 Mail:fancs_pr@fancs.com






関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ファンコミュニケーションズの関連情報

株式会社ファンコミュニケーションズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。