メルクとサムスンバイオロジクスが戦略提携を拡大

メルク(Merck) 2017年11月01日

From 共同通信PRワイヤー

メルクとサムスンバイオロジクスが戦略提携を拡大

AsiaNet 70820(1716)

【ダルムシュタット(ドイツ)2017年11月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*バイオ医薬品製造と生物製剤プロセス開発で提携
*生物製剤開発促進のためメルクがMobius(R)単回使用システム、細胞株、細胞培養液、クロマトグラフィーを供給

科学技術を主導する企業メルク(Merck、 (リンク ») )は1日、バイオ医薬品製造と生物製剤(バイオロジクス)プロセス開発でサムスンバイオロジクス(Samsung BioLogics)と戦略提携の基本合意書(MOU)に調印した。

Photo - (リンク »)

提携は、サムスンバイオロジクスが受託製造を請け負う新規創薬開発に専念する小規模の新興バイオテクノロジー企業でのプロセス開発と臨床材料生産を促進する。合意に基づき、メルクはサムスンバイオロジクスにMobius(R)単回使用(シングルユース)システムに加え、プロセス開発を提供し、技術訓練を支援する。

新たなMOUは、メルクによるバイオ医薬品製造原材料の長期供給合意を含む2014年調印のMOUの拡大版である。

メルクのウディット・バトラ取締役兼ライフサイエンス最高経営責任者(CEO)は「サムスンとの協力はこの合意により強化され続ける。メルクのプロセス開発専門技術と広範な単回使用バイオプロセシングのポートフォリオであるMobius(R)はイノベーションを患者により速く届くようにする」と語った。

メルクは韓国にあるサムスンバイオロジクスの30KL施設と150KL施設の重要なソリューション提供者で、強固なバイオロジクス開発プロセスの構築でサムスンバイオロジクスのチームを訓練してきた。

サムスンバイオロジクスの金泰漢社長兼CEOは「この提携は相乗効果を生み出し、当社の技術潜在力を最大化するだろう」と述べた。

メルクのMobius(R)単回使用システムのポートフォリオは拡張の柔軟性と継続性を高め、オペレーター再訓練の必要性を縮小する。これらは、サムスンバイオロジクスのような企業がメルクの技術を早くから採用した多くの理由の一部である。

メルクのM Lab(TM)コラボレーションセンター( (リンク ») )で顧客は、非常に困難なバイオ製造の課題の解決と新治療法の開発促進に寄与するために、同社の科学者や技術者と共同研究環境で協力して取り組んでいる。メルクは米国、韓国の各1カ所を含め、世界中で9カ所のM Lab(TM)コラボレーションセンターを持っている。

メルクはバイオ医薬品生産に必要なプロセス開発と臨床段階の製造ソリューション、材料、サービスの第1級の供給者である。同社は製造業者に優れたバイオリアクター技術を届けることにコミットし、北米、欧州、アジアで一部業者はすでに同社とその分野で共同作業をしている。

成長するバイオ医薬品市場で、製造業者は品質と効率を高めつつコストの削減を目指し、プロセス開発と拡張から前臨床、臨床用、商用製品の製造までエンドツーエンド・ソリューションに向かっている。同時に、単回使用の使い捨て機材やシステムが人気を高めている。従来のステンレススティール・システムと比べ、バッチ作成成功率の向上、クロスコンタミネーション(交叉汚染)リスクの軽減、水・排水必要量の削減、プロジェクト期間の短縮とプロジェクトコストの削減など、多くの利点があるからだ。

▽サムスンバイオロジクスについて
サムスンバイオロジクス(Samsung BioLogics)は品質重視の受託製造プロセス開発とcGMP(適正製造基準)準拠の製造で、世界のバイオ医薬品業界に対するフルサービス・プロバイダーである。当社の生産設備は、最大限の柔軟性を備えたモノクローナル抗体および組み換えタンパク質製造用の特別設計となっている。当社のワンストップ・サービスは細胞株の継体培養、処理および分析手法の開発、分析サービス、cGMPに基づく医薬用物質、医薬品の臨床および商業用大規模生産などで、顧客に対する品質保証、品質管理、法規制順守と支援を含む。詳細は次を参照:www.samsungbiologics.com

メルクの全ニュースリリースは、メルクのウェブサイトで閲覧できると同時に、電子メールで配信される。オンラインでの登録、サービスの変更または利用中止は次を参照:www.merckgroup.com/subscribe

▽メルクについて
メルク(Merck)は医療、生命科学、高機能素材の分野における世界有数の科学と技術の企業である。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究と生産に関する最先端システム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶にいたるまで、約5万人の従業員が人々の暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指している。2016年、メルクは66カ国で150億ユーロの売上高を計上した。

メルクは1668年に創業した世界で最古の医薬・化学品会社。創業家が今でも、上場企業グループの株式の過半数を所有している。メルクの名称およびブランドの世界的な権利は、メルクが保有している。唯一の例外は米国とカナダで、両国ではEMDセローノ、ミリポアシグマ(MilliporeSigma)、EMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っている。

ソース:Merck

▽問い合わせ先
Karen Tiano
+49-6151-72-44461

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]