デロイトが独立リサーチ会社の調査でビジネス変革のリーダーに選ばれる

Deloitte(デロイト) 2017年11月02日

From 共同通信PRワイヤー

デロイトが独立リサーチ会社の調査でビジネス変革のリーダーに選ばれる

AsiaNet 70818 (1719)

【ニューヨーク2017年11月2日PR Newswire=共同通信JBN】デロイトは2日、フォレスター(Forrester)が同社の最新報告書「ザ フォレスター ウェイブ(TM):ビジネス変革コンサルタント組織2017年第3四半期(The Forrester Wave(TM): Business Transformation Consultancies, Q3 2017)( (リンク ») )」で、ビジネス変革(Business Transformation)のリーダーに選ばれたと発表した。デロイトは現在のサービス提供および戦略部門で最高得点を獲得した。

Logo- (リンク »)

報告書の執筆者マーク・ツェツェリ副社長・CIO担当主席アナリストは「デロイトは、今日のビジネス変革のコンサルティングファームのお手本になった。従来の分野からデジタルへのデロイトの変革は、特に分析の活用、デジタルエージェンシー、エコシステム、顧客/業界に特化した深いナレッジにおいて、ドラマティックである。多数の買収を統合する能力、例えばクラウド向けのDay1 Solutionsやデジタルマーケティングおよび分析のためのCornerstone Groupなどはこの変革に大きく貢献してきた」と語った。

デロイトのグローバルコンサルティングのリーダーであるジム・モファット氏は「フォレスターの独立評価は、ビジネス変革を通じた衝撃および持続可能な価値を推進するデロイトの能力を明確に示したものである。われわれは、今回の調査がわれわれの『秘密のソース』を明らかにしたと考える。それは、戦略や変化を包含し、世界クラスのテクノロジーと一体化したコンサルティングとアドバイザリーの能力を使って、深い業界知見を提供することである。今回の調査はコンサルタント組織としてのデロイトの真の差別化要因を正確にとらえており、このようにして画期的な変革がクライアントに提供されている」と語った。

フォレスターによる19部門のビジネス変革評価は、「世界トップの10のコンサルタント組織を見つけ出し、それを調査、分析して得点付けしたもの」を提供する。この報告書は、それぞれのプロバイダーがどのようにして基準を満たしているかを示して、CIOおよび企業リーダーがコンサルティング・パートナーを適切に選択できることを支援する。

報告書はまた「従来の労働集約型のコンサルティングモデルは大きな変動と改革の試練を受けている。高まる顧客の要求は、大手コンサルティングファームのサービス提供スピードと運営モデルの両方にプレッシャーになっている」と指摘している。

モファット氏は「今日の市場の相互依存性を考慮すると、企業は最も困難な課題に対処する適切なエコシステムを編成し、統合できるコンサルティング・パートナーを必要としている。デロイトは同社独自のコラボレーション文化を足場にして、われわれのアライアンスと新興テクノロジーへの投資を活用し、クライアントがより素早く未来に到達することを支援する製品およびソリューションを生み出す独自のエコシステムを構築している」と語った。

フォレスター報告書が指摘したデロイトに関するその他の調査結果
「デロイトは戦略およびサービス提供のすべての面で成熟度と革新性を示している。多数の買収企業はプロジェクトチームと円滑に統合されている。デロイトの文化は、デジタルに向けた方向性の支えになっており、パートナーシップ構造は戦略的なサプライヤーとの長期的な関係を求めるクライアントと十分に一致している。デロイトはコンサルティング業務を加速し向上させる手段として、DecisionPrintなど再利用可能なアセットを極めて積極的に使用している」

「組織変革管理の調査および活用は極めて高度なものであり、デロイトのプラットフォームChangeScoutは最終的にはOCMをサイエンスに変える可能性がある。デロイトが人々を刺激して文化を変える方法は革新的であり、ソフトウエア資産と、ゼネラリストよりもスペシャリストを活用するコンサルティングモデルをサポートする」

「今回のフォレスター ウェイブにある多数のコンサルタント組織と同様に、デロイトは、クライアントとコンサルティングチームがハイテクツールを駆使して問題に一緒に対処できる最先端施設のイノベーションセンターを使って、アジャイルなサービス提供に移行した」

このプレスリリースで使用された「デロイト(Deloitte)」は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームのみに言及している。

▽デロイトについて
Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)(英国の法令に基づく保証有限責任会社)およびそのネットワーク組織を構成するメンバーファームの1つあるいは複数を指し、DTTL(Deloitte Globalとも呼ばれる)および各ファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体である。DTTLは顧客にサービスを提供しない。メンバーファームの当社グローバルネットワークに関する詳細は (リンク ») を参照。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供している。全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスをFortune Global 500(R)の8割の企業に提供している。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約26万4000人の専門家については、Facebook( (リンク ») )、LinkedIn( (リンク ») )、Twitter( (リンク ») )を参照。

ソース:Deloitte

▽問い合わせ先
Lesley Stephen
Global Communications, Deloitte Touche Tohmatsu Limited
Tel: +1 212 436 4325
lstephen@deloitte.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]