日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」ものづくりによる地方創生「全国いいもの発見プロジェクト-日本の逸品×作り手-」第五弾は日本の伝統工芸品、京都「水引(みずひき)」

株式会社クリーマ 2017年11月02日

From PR TIMES

- 「水引」の新たな魅力を生み出すクリエイター募集を11月2日(木)よりスタート -

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営する株式会社クリーマ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸林耕太郎、以下クリーマ)は、「全国いいもの発見プロジェクト-日本の逸品×作り手-」の第五弾として、伝統工芸品である京都府の「水引」を用いた、オリジナル作品を制作するクリエイターの募集を本日11月2日(木)より開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]



クリエイターが生み出す新たな作品を通して、各地の魅力を発信する「ものづくりによる地方創生」

「全国いいもの発見プロジェクト–日本の逸品×作り手–」は、全国各地で“逸品”と称される素材や工芸品と、優れたクリエイターを繋ぐことで、双方の新たな可能性を生み出す取り組みです。各地の魅力をクリエイターの作品を通して国内外に発信することで、クリーマならではの「ものづくりによる地方創生」を実現したいという想いから昨年9 月にスタートしました。 第一弾 長野県岡谷市の「岡谷シルク」、第二弾 岡山県倉敷市の「畳縁(たたみべり)」は、商品化された79作品がCreemaサイトのほか、各種イベントで展示されました。その後も第三弾 熊本県「熊本いぐさ」が続き、第四弾 福島県白河市の「白河だるま」は、12月に台湾で開催するイベントでの展示・販売も予定しています。


第五弾は京都「水引」。商品化された作品は2018年1月5日以降Creemaサイトや店頭での販売も

第五弾の逸品素材に決定した「水引」は、和紙で紙芯を作り、着色や飾糸により装飾する日本の伝統工芸品です
聖徳太子の命を受けた小野妹子の率いる遣隋使が帰国する際に、隋国からの献上品に紅白に染められた麻ひもが結ばれていたことが、「水引」の始まりと伝えられています。以後、贈答品をはじめ、祝い事、神事、仏事に「水引」を用いるようになったとされます。この度、今日では主流となった水引製造機を日本で初めて開発した「株式会社さん・おいけ」とコラボレーションし、自由な感性で「水引」を用いたオリジナル作品を制作するCreemaクリエイターを募集します。

選考の上、商品化された作品は2018年1月5日(金)よりCreemaサイト上にて販売するほか、好評作品は店頭での販売も予定しております。

今後も継続して「日本の逸品×作り手」の展開地域の拡大を図り、“全国のいいもの”と“優れたクリエイター”を日本全国のみならず世界へ発信してまいります。

<参考資料>

「全国いいもの発見プロジェクト-日本の逸品×作り手-」第五弾_水引 応募概要

[応募資格]
- 応募フォーム記載内容を確認、了解いただき「水引」を使ったハンドメイド作品を制作・販売できるCreema登録クリエイターの方(クリエイター登録されていない方は事前にクリエイター登録をお願いいたします)
クリエイター登録はこちらから→  (リンク »)

[応募条件]
- 応募作品の種類に制限はないが、2017年11月20日(月)~12月25日(月)に制作できること
- 制作素材は11月20日(月)までに送付予定
- 参加にあたり選考を実施。選考により、「参加不可」、もしくは、「作品数の制限・指定」を依頼する場合があります
- 応募作品数は選考結果には影響しません

[作品の条件]
- 水引を用いた作品 (ジャンル・形状・サイズは問いません)
- 制作に必要な「水引」は提供 (必要素材・必要数を応募時にご申告願います)
提供元:[株式会社さん・おいけ 公式ページ]  (リンク »)
提供素材イメージ
[画像2: (リンク ») ]

[応募期間]
- 2017年11月2日(木)~11月13日(月)

[応募URL]
(リンク »)


株式会社さん・おいけ 取締役 大西 学 様のコメント

「水引伝統工芸士として、30年余り水引の普及に取り組んできました。昔は結納や工芸品としてのものづくりが中心でしたが、最近は徐々にそういった面での活用のほかにもカジュアルに幅広い用途に使用されることが多くなったように感じます。そういった水引の新しい活用の仕方に刺激を受け、私自身も作成をする際には色の鮮やかさ、かわいらしさを視野に入れ、作品を作るように心がけています。

今回の企画を受け、さん・おいけから色鮮やかなたくさんの種類の水引を提供させていただくことになりました。

水引細工は一見複雑で難しそうに見えますが、基本の結びを覚えてしまえばたくさんの作品を作ることができます。ぜひ楽しんで水引を活用してください。」
[画像3: (リンク ») ]




Creema(クリーマ)とは

Creemaは、創作活動に取り組む全国の作り手と、生活者が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できるCtoCマーケットプレイスです。「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」ことを目指して、2010年にサービスを開始しました。
現在、プロおよびプロを目指す作り手が中心の11万人超の出店者による、450万点ものオリジナル作品が出品されています。

また、オンライン上だけでなく、東京ビッグサイトでの大規模イベント「ハンドメイドインジャパンフェス ( (リンク »)  )」の開催や、ルミネ新宿店にて常設ショップ「Creema Store」を運営するなど、Creemaに出店する作り手の作品を生活者がリアルの場で購入できる取組みも推進し、日本のクラフト文化の醸成に力を注いでいます。

<サービス基本情報>
サービス開始:2010年5月
出店クリエイター数:110,000人超 (2017年11月1日時点)
出品作品数:4,500,000点超 (2017年11月1日時点)
- Webサイト: (リンク »)
- iOSアプリ: (リンク »)
- Androidアプリ: (リンク »)


会社概要

商号  株式会社クリーマ
住所  東京都渋谷区神宮前3-1-14 LE REVE 2F
代表  代表取締役社長 丸林 耕太郎
従業員 約50名
資本金 9億7470万円(資本準備金を含む)
事業  ソーシャルコマース事業(Creemaの企画、開発、運営)
クラフトイベント事業(ハンドメイドインジャパンフェス、クリーマクラフトパーティの企画、製作、運営)
セレクトショップ運営(クリーマストア in ルミネ新宿2 2F)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。