Microsemi、データセンターに向け、新たにSmart Storage HBAおよびRAIDアダプタ製品をリリース

Microsemi Corporation 2017年11月02日

From DreamNews

Adaptec Smart Storage SolutionsでSDS、コールドストレージ、エンタープライズアプリケーション用に高性能、低消費電力、高信頼性を実現

2017年11月2日 - カリフォルニア州アリソビエホ - Microsemi Corporation (Nasdaq:MSCC)は本日、新たにSmart Storage SAS/SATA アダプタの製品リリースを発表しました。Microsemiは、業界をリードする低消費電力、セキュリティ、信頼性、パフォーマンスで高度に差別化された半導体ソリューションを提供してきました。進化したこれらSmart Storageアダプタのリリースにより、高度に統合されたボード製品からシリコン(半導体)とソフトウェアの提供によるカスタムソリューションまでを網羅したMicrosemiのデータセンター用SAS/SATAサーバーストレージ向けSmart Storageソリューションの提供を推し進めます。Microsemi Adaptec HBA 1100 シリーズ、SmartHBA 2100 シリーズおよびSmartRAID 3100 シリーズからなるSmart Storage製品ポートフォリオは、同社先端の 28nmプロセスによる SmartIOC 2100およびSmartROC 3100ストレージコントローラーICをベースとし、ソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS)、コールドストレージ、エンタープライズアプリケーションを含む多様なサーバーストレージのアプリケーションに対応する高性能、低消費電力、高信頼性、高機能なソリューションを提供します。

HBA 1100は、SDSアプリケーションに向けに高い性能と柔軟性を提供します。SmartHBA 2100は、HBA 1100のすべての機能に加え、任意のドライブに基本的なハードウェア RAIDの機能を提供する独自のアダプタソリューションです。SDSアプリケーションにおいてブートドライブのRAID化というニーズや、中小企業(SMB)向けビジネスアプリケーションに最適な製品です。SmartRAID 3100は、最大の機能性、キャッシュメモリを利用した高速化、最も要求の厳しいエンタープライズ・ストレージアプリケーション向けに最大のデータ可用性を実現しています。これらのアダプタソリューションはハーフレングス、ハーフハイト・フォームファクターで最大24ポートを有し、多様なポート構成が可能となっています。

「MicrosemiのSmart Storageファームウェアは 業界で最も信頼性がある高性能なストレージコントローラーソフトウェアプラットフォームで、最大170万ランダムリードIOPSの性能を誇ります。Smart Storage 12Gbps SAS/SATAアダプタの製品リリースはOEM(サーバー相手先ブランド名製造)、ODM(サーバー相手先ブランドによる設計・製造)、ハイパースケールおよびシステムインテグレーターに特有のニーズを満たすソリューションを提供するという当社のコミットメントを反映したものです。Microsemi Adaptec Series 8 RAIDソリューションの成功の上に、大幅なTCO(総保有コスト)の改善、全製品に共通の高度に統合されたファームウェアおよびソフトウェアの提供、大幅な性能アップ と同時に実現した40%の低消費電力化により大きな差別化を可能とした新たなポートフォリオを市場に提供できることを誇りに思っています。」と、Microsemi、スケーラブルストレージ、副社長兼事業部長のピート・ヘイゼンは述べています。

MicrosemiのSmart Storageソリューションは、12 Gbps SAS または 6 Gbps SATA ハードディスクドライブ (HDD)、ソリッドステートドライブ (SSD)を使用したあらゆるサーバーストレージアプリケーションに使用できます。SAS/SATA HDDおよびSSDは、2020年までには年間に出荷されるすべてのエンタープライズドライブの80%にまで達するとマーケットリサーチ企業IDCにより予測されています。MicrosemiのSmart StorageソリューションはSSD性能にパフォーマンスで最適に対応し、HDDベースのコールドストレージでは低消費電力で最適化されています。数多くあるハイブリッドSSD/HDDアプリケーションに加え、この様に対極するアプリケーションにもSmart Storageの機能は柔軟に対応します。

Western Disigal社HDD製品マーケティング、バイスプレジデントのブレンダン・コリンズ氏はこう述べています。「クラウドやハイパースケール・データセンターは、一貫してディスクごとのストレージ容量の限界を上げ続けることで、ストレージのテラバイトごとのTCO(全体総保有コスト)低減を図っています。MicrosemiのHBA 1100 シリーズをHGSTのSMRドライブHs(tm)シリーズと組み合わせることで、これらのデータセンターが電力、性能、設置面積を最適化して爆発的に増えゆくストレージ容量のニーズに対応し続けることができます。」

Microsemi Adaptec HBA 1100、SmartHBA 2100、SmartRaid 3100はすべて統合Smart Storage Stack(ファームウェア)を利用しています。また、各シリーズは独自の差別化された機能を備えています。


HBA 1100は、SDS、コールドストレージ、RAW高性能接続性等に最適化されています。また以下の機能をサポート:

・ 28nm プロセスのSAS/SATAに最適化したストレージコントローラーベースの最大24ポートをサポートするアダプタ。ターゲットアプリケーションに向けて消費電力のプロファイルを最適化。

・ ホストマネージドおよびホストアウェアSMR(瓦記録方式)ドライブのサポート。

・ インボックスドライバを含む幅広いオペレーティングシステム(OS)ドライバをサポート。

・ 最大170万IOPSの性能。


SmartHBA 2100は、SDSアプリケーションにおいてOSブートドライブのハードウェアRAID化や、SMB用エントリレベルRAIDに最適化されています。また、以下を提供します。

・ マルチパスIOおよびSDSアプリケーション等に求められるHBAの機能を完全にサポートし、更にベーシックなRAID機能をサポート。

・ Mixed modeではRAID論理ドライブまたはHBA RAWドライブモードを個別に構成可能。

・ RAID 0、1、10 および 5をサポートするハードウェアRAID。

・ 8ポート以上をサポートする業界唯一のベーシックRAIDソリューション。


SmartRAID 3100は、最高レベルのデータ可用性が求められるエンタープライズ・ストレージアプリケーションおよびキャッシュメモリ利点を最大化するデータセンタアプリケーションに向けて最適化されています。また、以下を提供します:

・ 28nmプロセスの SAS/SATAに最適化したストレージコントローラーを使用した最大24ポートをサポートするアダプタ。ターゲットアプリケーションに向けて電力プロファイルを最適化。

・ 最大4GBのキャッシュサイズをサポートする、コスト、耐熱性能、操作効率の最適化を実現する統合キャッシュバックアップ回路を備えたZero Maintenance Cache Protection (ZMCP)。

・ アダプタオプションで、キャッシュバックアップ未搭載ボード選択化。

・ 最大~2TB SSDをキャッシュとして利用可能とするmaxCache 4.0をすべてのアダプタでサポート。

・ コントローラーベース暗号化、maxCryptoへのロードマップ。


Unified Smart Storage Stack、SmartRAIDおよびSmartHBA、HBA製品シリーズおよびMicrosemiのSAS エキスパンダーSXPシリーズを組み合わせることで、ストレージマネジメントおよび接続性を提供する完全なサーバーソリューションを可能にします。


製品の購入について
MicrosemiのUnified Smart Storage Stack、第4世代SmartRAID 3100、SmartHBA 2100、HBA 1100シリーズのボードレベル製品は、既にボリューム生産体制で出荷を開始しています。詳しくはwww.microsemi.com/smartstorageをご覧になるか、sales.support@microsemi.comまでお問合せください。

Microsemiのハイパースケール・データセンターに向けた製品ポートフォリオ
Microsemiは、エンタープライズおよびハイパースケール・データセンターに向けた革新的な半導体、ボード製品、システム、ソフトウェア、サービスで業界をリードする製造企業で、スケーラブルなサーバーストレージ構築用の高性能、セキュア、低電力、信頼性のあるインフラストラクチャを提供しています。Microsemiの技術はストレージシステム、サーバーストレージ、NVMソリューション、イーサーネットスイッチ、ラックスケールアーキテクチャ、データセンタインターコネクト、ネットワークタイミング、電力サブシステムを含むアプリケーションで革新を続けています。テクノロジーリーダーシップの実績の上に、Microsemi社のデータセンタ・インフラストラクチャ・ポートフォリオは、次世代サービスを展開するTCOを抑えながら、ビッグデータを接続、保管、移動させるネットワークを革新し続けています。
Microsemi製品ポートフォリオには、高性能NVMストレージコントローラー、NVRAMドライブ、SAS/SATAホストバスアダプタおよびRAIDコントローラがあります。これらの製品ポートフォリオにより、大容量ストレージアーキテクチャ、高密度PCIeスイッチおよびラックスケールアーキテクチャ用ファームウェア、PCIeリドライバ、イーサーネットPHYによるイントララック接続等を実現しています。その他、クロックおよびパワーマネジメント、IEE1588チップ製品、データセンター内の時刻同期を行うNTPサーバー、FPGA、セキュアなサーバーやストレージマネジメントを実現するSoC(システム・オン・チップ)FPGAなどがあります。詳しくは (リンク ») をご覧ください。

MicrosemiおよびMicrosemiのロゴはMicrosemi Corporationおよびその関連会社の登録商標またはサービスマークです。ここに記載されている第三者の商標およびサービスマークの権利はすべて、それぞれの所有者に帰属します。

1995年米国民事訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の「セーフハーバー」規定:本ニュースリリースに記載されたまったくの歴史的事実でない情報は、将来の見通しに関する記述です。この情報には、新Smart Storage 12Gbps SAS/SATAアダプタの生産発表、その将来の事業に及ぼしうる影響に関連する情報を含みますが、これに限定されることはありません。ここにある将来の見通しに関する記述は、現在の予想に基づいており本質的にリスクや不確実性が伴うものです。言及することは異なる結果になり得ることをご承知おき下さいますようお願いいたします。このリスクや不確実性には以下の項目が含まれますが、これらに限られるものではありません。急速に変化する技術や生産中止、原価高騰の可能性、顧客注文嗜好の変化、マーケットプレースの価格設定における脆弱なあるいは競争力のある環境、会社の製品への先行き不透明な需要および受領、当社エンドマーケットにおける厳しい環境、進行中または計画中の開発またはマーケティングおよびプロモーションキャンペーンの結果、将来の需要を予測することの困難、予測されていた注文が行われない可能性、在庫が行われない可能性、製品返品、製造物責任、その他の予期せぬ事業および経済的な状況、現在の、あるいは予測される業界の状況の大きな変化、特許やその他の所有権を保護する労力や費用、在庫の陳腐化、製品の顧客の資格認定につく労力などの要素。これらの要因や本ニュースリリースに記載するその他の要因に加えて、Microsemi社が米国証券取引委員会(SEC)に提出した会社の最新のForm 10-K(有価証券報告書)およびすべてのForm 10-Qレポート(四半期報告書)に記載する要因、不確実性、リスクもお読みください。追加のリスク要因は、Microsemi社が将来提出する書類に適時記載されることがあります。本リリースに記載した将来の見通しに関する記述は、公表時点に限定されたものであり、Microsemi社は後発事象や状況を反映させるためにこれらの内容を更新する責任を負いません。


Microsemiについて
Microsemi Corporation (NASDAQ:MSCC)は、航空宇宙、防衛、通信、データセンター、産業市場向けの多岐に渡る半導体・システムソリューションを提供しています。取扱製品は、高性能の放射線強化アナログ混合信号集積回路、FPGA、SoC、ASIC、電源管理製品、世界の時刻基準を設定できる時間設定・同期デバイスと高精度時間ソリューション、音声処理装置、RFソリューション、ディスクリート部品、企業向けの記憶・通信ソリューション、セキュリティ技術と拡張可能な改ざん防止製品、イーサネットソリューション、Power-over-Ethernet ICとミッドスパンのほか、カスタムデザインの機能とサービスなどです。本社をカリフォルニア州アリソビエホに構え、世界中の拠点を含めた総従業員数は約4,800名になります。詳しくは (リンク ») をご覧ください。


本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR Microsemi担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。