Nexteerが蘇州で新アジア太平洋技術センターを起工

Nexteer Automotive 2017年11月17日

From 共同通信PRワイヤー

Nexteerが蘇州で新アジア太平洋技術センターを起工

AsiaNet 71100 (1845)

【蘇州(中国)2017年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】直観的な運動制御のリーダーであるNexteer Automotiveは16日、Suzhou Industrial Park(蘇州工業団地)で新たなアジア太平洋技術センターの起工式を開いた。Suzhou Industrial Parkのシュドン・チョー党委員会副書記兼理事とNexteerの経営幹部らが出席した。

Photo - (リンク »)
Nexteerが蘇州で新技術センターを起工

Logo - (リンク »)
Nexteer Automotiveのロゴ

Nexteer Automotiveのマイク・リチャードソン執行取締役兼社長は「アジア太平洋はNexteer の第2の大規模事業地域である。新技術センターはNexteerのアジア太平洋本部であることに加え、経営管理、技術、投資、業務の統合的アプローチの基盤を整える。新技術センターと地域管理センターをここに持つことは大いに喜ばしい。中国とアジアの当社事業の持続的で収益力のある成長だけでなく、強力なR&Dと生産開発支援をもたらすだろう」と語った。

新技術センターは1万4000平方メートルの事務所スペースと1万2000平方メートルのR&D施設、テスト検証ラボを含めて3万平方メートルの広さがある。施設に収容される部門別の機能は製品工学、製造工学、購買、財務、販売、管理である。

Nexteerの同施設の計画には、複雑な道路環境を組み込んだ8レーンを有する4500平方メートルの車両テストトラックもある。同社の首脳陣は、この投資が中国でのNexteer製品の製造、R&D、テスト、検証を前進させると期待している。

Nexteer Automotiveのグイビン・チャオ会長・執行取締役兼最高経営責任者(CEO)は起工式でのあいさつで「当社の新技術センターへの投資はアジアでの将来の事業成長への当社の確信を示している。アジア太平洋でのNexteerの戦略的成長を実現するため、当社は事業の拡大と製品の多様化を進め、ステアリングと駆動システムのソリューションで当社の優位性を強固にする」と述べた。

Nexteerのアジア太平洋技術センターは2019年末に完成する予定。約1000人の従業員を擁し、技術サポートを強化し、地域市場のために製品ソリューション、R&D、生産、テスト、検証をカスタマイズする。

▽NEXTEERについて
直観的な運動制御のリーダーであるNexteer Automotiveは、数十億ドル規模の世界的なステアリングと駆動システムの企業で、電気・油圧ステアリングシステム、ステアリングコラム、駆動系製品および先進的な運転支援システム(ADAS)、自動運転技術をOEMメーカーに提供している。従業員は世界で1万3000人以上に上り、世界主要地域の顧客50社以上に製品を納入している。北・南米、欧州、アジアで戦略的に展開している製造工場が25、地域エンジニアリングセンターが3、顧客サービスセンターが13ある。Nexteer Automotiveの顧客にはBMW、フィアット・クライスラー、フォード、GM、PSAグループ、トヨタ、フォルクスワーゲンのほか、インド、中国の自動車メーカーが含まれる。www.nexteer.com

ソース:Nexteer Automotive

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]