海外旅行者の安全を24時間体制で見守る、新サービスの実証実験を開始~IoTを活用し、海外滞在時のリスクマネジメントを支援~

株式会社エヌジェーケー 2017年11月21日

From DreamNews

株式会社エヌジェーケー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川 勝雅)は、専用ウェアラブル端末と位置情報を活用した、海外旅行者向け安全管理ソリューション「海外ツーリスト見守りサービス」(以下、見守りサービス)(*1)の実証実験を、2017年12月1日より開始します。

実証実験は、東京都内の観光施設などで実際のツアーを想定して行います。実証実験により、サービスの利便性や追加サービスの検証と、他用途への展開の可能性についての検証を行い、2018年度中の商用化を目指します。

近年、海外ではテロや凶悪な犯罪の発生などの不安要素が増加しており、国内、海外を問わず旅行中のリスクマネジメントの必要性が高まっています。
見守りサービスから旅行者ご本人、添乗員、旅行会社、ツアーオペレーター(*2)に必要な情報を提供することで、添乗員の負担を軽減すると同時に24時間体制でのリスクマネジメントを実現し、旅行者だけでなく旅行に関わる全ての人の利便性を高めることを目的としています。

*1特許出願中:特願2017-096183,特願2017-096184,特願2017-114715
*2旅行者の安全を遠隔地から確認・サポートするオペレーター

【サービスの特長】
・堅牢で長時間の使用が可能な専用ウェアラブル端末と、多目的見守り基盤を無線通信回線で接続し、旅行者の位置情報を基に24時間体制で安全を見守ることができるサービスです。
・見守りサービスを介し、添乗員、旅行会社・ツアーオペレーターが旅行者の安全に関わる情報を随時確認することができ、旅行者には携帯する専用ウェアブル端末に音・振動・光・文字にて必要な情報をお知らせいたします。
・これらのサービスと同時に、タイムリーな情報配信などにより、旅行に関わる全ての人に新しい旅行体験やビジネスシーンを提供することも可能です。

【株式会社エヌジェーケーについて】
金融決済・社会インフラ・エンタープライズ(業務系)などのシステム開発と、車載・家電・モバイル分野の組込ソフトの開発をメインとしているNTTデータグループの企業です。マンション管理会社向け業務システム「FMSシリーズ」や、「メディアドライブ」ブランドでのOCR(文字認識)ソリューションの提供、IT機器・NTTデータグループのITソリューションの販売も行っております。直近では、エッジコンピューティングやディープラーニングなど、IoTやAIといったIT分野の最新技術開発にも積極的に取り組んでいます。
○公式サイトURL: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社エヌジェーケー
■ニュースリリースについて
 総務部
 蓮見 梓(TEL: 03-5117-1900 E-mail:pr-gr@njk.co.jp)
■サービスについて
 デバイスコミュニケーション事業部 モバイルソリューション開発部
 千葉 武士
 (TEL:03-5117-1950 FAX:03-5117-1938 E-mail:NJK-MSG_contact@ml.njk.co.jp)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エヌジェーケーの関連情報

株式会社エヌジェーケー

株式会社エヌジェーケーの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]