コラム : マルウェアの役割とハッキング

株式会社Doctor Web Pacific 2018年02月21日

アンチウイルスによって保護していても、その保護をすり抜けて攻撃してくるものがあります。

###

新しいマルウェアプログラムは、マイクとスピーカーを介してマシンを感染させる可能性があります。
セキュリティ研究者Michael Hanspach氏とMichael Goetz氏は、5台のコンピュータを使用して実験を行い、内蔵マイクとスピーカーを介して秘密のメッシュネットワークに接続しました。あるマシンから別のマシンにデータが送信され、データは外部ネットワークに接続されたコンピュータに到達しました。gizmag.comによれば、彼らは20kHzの周波数と20ビット/秒までの速度で約20メートルの距離でデータを送信することができたということです。

将来、この種の攻撃から保護するために特殊な音響帯域フィルタの使用が可能になります。

しかしどの時点で感染したのでしょうか?データが送信されている場合は、既にマルウェアがコンピュータ上にあることを意味しています。 また、ユーザーがアンチウイルスからの警告を受けていてもマルウェアの起動をしたにもかかわらず、なぜアンチウイルスに責任があるのでしょうか?

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]