【レポート】ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナー2017【東京】

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2017年11月29日

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は【レポート】ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナー2017【東京】を公開しました。

###
今回のイベントのハイライトは以下である。

・ヤマハ初のL3スイッチ市場投入
・同スペース同設定で超高速化を実現した後継機種RTX830の登場
・進化するYNO

以下では順に解説していくことにする。

※ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナー2017【東京】の模様

◆二強と言われるルーター市場。ヤマハの次の戦略とは

国内ルーターシェアは完全に2強の時代となりハイエンドに強いシスコとミドルとSOHOに強いヤマハというシェア構成が長期間続いており、ここ数年は2社のシェアが伸び、他社のシェアが落ちている状況だ。 IDC Japanの調査によるとSOHO市場において13年連続でヤマハルーターがトップシェアであるとのこと。SOHO市場は非常に大きく、総務省統計によると、現在日本国内には民間570万事業所あり、その中で20人以下のSOHO事業所の数は500万事業所を超えるとのこと。今回はこの膨大な市場の中で市場をけん引するヤマハの次の戦略を聞くことができた。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチの関連情報

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]