筒井康隆×塩田武士『騙し絵の牙』スペシャル対談が実現! 大泉洋が文章に合わせ頭のなかで動き出す『騙し絵の牙』、第一章&特集記事も完全無料公開!

株式会社KADOKAWA 2017年12月07日

From PR TIMES

『騙し絵の牙』第一章全文のほか、大泉洋×塩田武士 対談記事など、誌面換算合計75ページにわたる豪華コンテンツを満載した『騙し絵の牙』無料お試し版(電子書籍)の配信もスタート!

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は筒井康隆と『騙し絵の牙』著者・塩田武士による対談記事を雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号および書籍・コミックのレビューサイト『ダ・ヴィンチニュース』( (リンク ») )にて発表しました。また、これを記念し、本書に主人公として「あてがき」された俳優・大泉洋と著者・塩田武士による対談記事などを収録した『騙し絵の牙』無料お試し版の配信を、電子書籍ストアにて開始しました。



[画像1: (リンク ») ]



 今回筒井康隆が塩田武士の最新作『騙し絵の牙』について、「前作『罪の声』を超える傑作」と絶賛したのをきっかけに、両作家による奇跡の対談が実現。

 筒井氏は「大泉君に 気を取られていて、こういうどんでん返しがあるとは、騙された。『大いなる助走』『巨船ベラス・レトラス』の“以後”を塩田君が書いてくれた」と話し、『騙し絵の牙』の魅力から、二人の小説、エンターテイメントに対する想いまで、赤裸々に語られました。
 そのほか、筒井氏が『旅のラゴス』アニメ化のオファーをスタジオジブリに断ったという噂の真相や、SNSにまつわる意外な経験など、“何でも創作に反映させられる”(塩田談)筒井氏ならではのユーモアあふれるエピソードにも注目です。

また2017年本のランキングを発表する『ダ・ヴィンチ』「BOOK OF THE YEAR」特集号でも本書がランクイン。この対談は雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号に掲載されているほか、書籍とコミックのレビューサイト『ダ・ヴィンチニュース』でも読むことができます。

●ダ・ヴィンチニュース(前編)
(リンク »)
(後編は12/8配信予定)

●雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号(2017年12/6発売)
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]



奇跡の対談の実現を記念し、スペシャルコンテンツ満載の『騙し絵の牙』の無料お試し版の配信を開始!

[画像3: (リンク ») ]


 また、今回この作家対談を記念して、『騙し絵の牙』の無料お試し版の配信をAmazonほか電子書籍ストアにて開始。この無料お試し版では『騙し絵の牙』のプロローグから第1章全文が読めるほか、俳優・大泉洋と塩田武士との対談記事、大泉洋が主人公を演じる挿画写真、さらには漫画家・青木俊直らによる本編コミカライズなど、本書をより楽しく読めるコンテンツが満載、必読です!

<無料お試し版 配信ストア>

■BOOK☆WALKER
(リンク »)

■honto
(リンク »)

■楽天
(リンク »)

■BookLive!
(リンク »)

■DMM
(リンク »)

■ebj
(リンク »)

■dブック
(リンク »)

■紀伊國屋書店
(リンク »)

■ブックパス
(リンク »)


書籍も絶賛発売中!

[画像4: (リンク ») ]


俳優・大泉洋を主人公に完全「あてがき」し、出版界を舞台にエンタメ産業の今と未来を描く長編社会派小説。


[表: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

株式会社KADOKAWA

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]