O/Rマッピングとは

株式会社Dive into Code 2017年12月15日

国内トップクラスのRuby、RailsスクールのDIVE INTO CODEが技術解説「O/Rマッピングとは」を公開しました。

###

◆O/Rマッピング

今回はO/Rマッピングについて学んでいきます。
データベースとのやりとりにおいて必須の技術です。ぜひ正しい知識を身につけましょう。

なぜO/Rマッピングが必要か

プログラミングで扱う情報=レコードはデータベース管理システム(DBMS)内に存在するものなので、それらを操作するためにはデータベース言語である SQL を使う必要があります。しかしSQLは書き方が複雑だったり、コード量が増えたりしてしまうという難点があります。
SQLを使わずにテーブル操作やレコード操作が可能になったら楽ですね。
そのための機能が O/Rマッピング なのです。

まず「マッピング」という聞き慣れない言葉から説明していきます。
これは 変換して対応づけるもの という意味です。
例えば日本という国旗から文字に変換すると JPN となります。
逆に文字から国旗に変換すると、以下のような日本の国旗となります。

詳しくは下段で説明します。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Dive into Codeの関連情報

株式会社Dive into Code

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]