MSCグループがランニングフォーム分析AIアプリ「Run-DIAS」の プラットフォームとして「S-Port Cloud EVA」を採用

鈴与シンワート株式会社 2017年12月13日

鈴与シンワート株式会社(代表取締役社長 池田 裕一、本社 東京都港区、以下鈴与シンワート)は国内屈指のハイテクノロジー・システムインテグレーターであるMSC グループ(東京都千代田区:代表取締役CEO 中村 明弘氏)が、ランニングフォームの分析AIアプリ「Run-DIAS」(ラン-ディアス)のプラットフォームとして「S-Port Cloud EVA」を採用したことを発表しました。

■「Run-DIAS」について
「Run-DIAS」は、スマートフォンで撮影した映像をクラウド上の人工知能で自動解析し、関節点を割り出します。
多数のランニングデータから利用者のフォームを解析し、
「ストライド」「ピッチ」「上下動」「体幹の前傾」「腕のふり幅」「脚の振り幅」を数値とコメントで評価します。
本サービスは、MSCグループの株式会社ディケイエイチが動作解析の研究分野で長年に渡り提供し、1,300ライセンス以上の導入実績のある動作解析システム「Frame-DIAS」で培った動作解析のノウハウを活用しています。

■鈴与シンワートIaaS「S-Port Cloud EVA」採用の理由

クラウド上の解析システムには、スマートフォンアプリ「Run-DIAS」からの解析用データが常に送信され続けます。
従って、そのプラットフォームには、継続的にハイスピード、ハイパフォーマンスが求められます。
MSCグループは従来から鈴与シンワートのS-Portデータセンターサービスを利用しており、技術面やサービス品質面で鈴与シンワートを高く評価していました。
今回、MSCグループは「Run-DIAS」開発にあたり、複数のクラウドサービスの利用を上記観点から検討した結果、鈴与シンワートのS-Port Cloud EVAの採用を決めました。

■本事例の詳細
本事例の詳細はこちらをご覧ください。
(リンク »)

■S-Port Cloud EVAについて
「S-Port Cloud EVA」※1は、ユーザーがサービスの拡張・縮小を自在に設定できる国産セルフクラウドサービスです。
自社所有のデータセンターを活用したサービスであるため、ハイブリッドクラウドサービスや閉域網のみを利用したプライベートクラウドサービス等、様々な形態で提供可能です。

※1「S-Port Cloud EVA」に関する詳細は、こちらをご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

鈴与シンワート株式会社の関連情報

鈴与シンワート株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]