MonacoのMCOトークン、12月15日に3つの仮想通貨取引所に上場

Monaco 2017年12月15日

From 共同通信PRワイヤー

MonacoのMCOトークン、12月15日に3つの仮想通貨取引所に上場

AsiaNet 71563

報道関係各位
プレスリリース
2017年12月14日


「仮想通貨をあらゆる人々にお届けする(Cryptocurrency in Every Wallet™)」を目指すMonacoのビジョンへの支持が拡大

【香港発】決済・仮想通貨プラットフォームのパイオニアであるMonaco(本社:スイス、ツーク州、CEO:クリス・マルスツァレク)は本日、同社のMCOトークンが2017年12月15日(金)にCoinnest、Coinrail、QRYPTOS(Quoineの国際部門)の3つの仮想通貨取引所へ新たに上場することを発表しました。これら取引所への上場により、MCOトークンの流動性が高まり、入手が容易になることで、「仮想通貨をあらゆる人々にお届けする(Cryptocurrency in Every Wallet)」というMonacoのビジョンは、実現に向けて大きく前進することになります。

Logo: (リンク »)

Monacoの共同創設者兼CEOであるクリス・マルスツァレク(Kris Marszalek)は、次のように述べています。「韓国と日本は、取引量で仮想通貨市場をリードしています。パートナーとの協業により、MCOトークンがより広域な市場でご利用いただけるようになり、非常に嬉しく思います。Monacoは引き続き事業を拡大しており、今後数週間の動向にも是非ご注目ください。」

CoinnestのCEOであるEik-hwan Kim氏は、今回の上場について、次のように述べています。「ユーザーの皆様には、取引の新たな選択肢をご提案できることを、非常に嬉しく思います。オンラインで新たなトークンと先物取引を提供すべく、Coinnestのチームは尽力しており、これまでの努力が実を結んだことは大きな喜びです。ユーザーの皆様に最高のサービスをお届けするための探求は続いており、今回Monacoとそのコミュニティが加わることを心から歓迎します。」

CoinrailのCEOであるKyungsic Nam氏は、次のように述べています。「CoinrailでMCOトークンの取り扱いを開始できることを、非常に嬉しく思います。弊社が目指すのは、デジタル資産がグローバルに普及・発展する世界です。『仮想通貨をあらゆる人々にお届けする』という共通の使命の実現に向けて、Monacoのようなパートナーと連携することが必要でした。」

QUOINEの共同創設者兼CEOであるMike Kayamori氏は、次のように述べています。「QRYPTOSの取扱銘柄にMCOトークンが加わることで、お客様に高い付加価値を提供できます。弊社はセキュリティと画期的なリワードを重視しており、仮想通貨を一般に普及させようというMonacoの取り組みについては、今後積極的にサポートしたい考えです。」

MCOトークンは現在、BigONE、Bittrex、Binance、EtherDelta、Exchange X、Huobi.pro、Liqui、Livecoin、OKEx、YoBitにも上場しています。

各取引所でのMCOトークンの預け入れと引き出しは、2017年12月14日(木)から可能となります。取引の開始は、2017年12月15日(金)を予定しています。

###

Monacoについて
Monaco Technology GmbHは、決済・仮想通貨プラットフォームのパイオニアであり、ユーザーは、実勢の銀行間為替相場でビットコインとイーサリアムの購入、交換、決済が可能です。2016年6月に設立された同社は、史上最大級の成功を収めたトークンセールのイベントを通じ、2,670万米ドル以上の資金を調達しています。同社の本社はスイスで、香港とシンガポールにも拠点を置いています。

Monacoについての詳細は、www.mona.coをご覧ください。Monaco Visaカードは、iOS/Androidユーザー向けにダウンロード公開中のMonacoアプリからご予約いただけます。

Coinnestについて
Coinnestは、将来性のある仮想通貨とブロックチェーン技術を韓国に導入した仮想通貨取引所として、安定した暗号取引環境の実現を目指しています。2017年7月には、開設から3カ月間で7万人以上のメンバーを獲得しており、取引高は4倍近い急成長を遂げています。BTC Trade、Jubi.com、BTC-Boxなど、世界を代表する取引所ともグループとして連携しており、Coinhillsのランキングでは、韓国第4位、世界第14位にランクインしています。BitmainとQuantum Foundationからの投資により、企業価値は1,000億ウォン以上と推定されます。技術的な安定性と高い市場性が期待されるQtum(QTUM)、Neo(NEO)、Kyber(KNC)、Energo(TSL)については、韓国の取引所としては初の上場を実現し、Qtumの大規模ネットスワップは韓国で成功を収めました。ビットコインの2度目のハードフォークには、韓国の取引所として初の技術サポートを発表したほか、韓国・浦項地震の際には、復興目的で1,000万ウォン相当のQuantumを国家災害救済協会に寄付しました。

Coinrailについて
Coinrailは、韓国で最も多彩な通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。多数のイベントと交換手数料無料により、Coinrailは成長の大きな可能性を秘めています。使い勝手に優れたユーザーインターフェイスと各種機能により、Coinrailは韓国で最も注目すべき取引所となっています。

QRYPTOS(QUOINE)について
QUOINEは世界をリードするFintech(金融技術)企業として、ブロックチェーン技術を活用した、取引・交換など、次世代の金融サービスを提供しています。日本、シンガポール、ベトナムに拠点を置くQUOINEは、現地パートナーとの強力なネットワークと、銀行・金融商品で経験豊富なチームを兼ね備えており、顧客に対して業界最高水準の金融サービスを提供します。詳細については、www.quoinex.com をご覧ください。

QUOINEは2017年6月、QRYPTOS(www.qryptos.com)と呼ばれる完全デジタルな仮想通貨交換・取引プラットフォームを開設しました。QRYPTOSは、成長著しいプロフェッショナルおよびリテール市場の取引ニーズを念頭に開発されており、投資初心者から企業顧客まで、あらゆる人々が仮想通貨取引で高い利便性・効率性を享受できるよう設計されています。

【報道関係の方からのお問い合せ先】
ホフマンジャパン株式会社
担当: 小倉 / 伊藤 / 佐藤
Tel: 03-5159-5750
Email: MonacoJP@hoffman.com 

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。