「キリン氷結®」7年連続増&年間販売数量が過去最高に!

キリン株式会社 2017年12月18日

From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、氷結®ストレート果汁※2を使用したRTD※3ブランド「キリン氷結®」が、2001年の新発売以降最高だった2006年の年間販売数量3,680万ケースを、12月中旬に突破し過去最高となりました。
※1 250ml×24本換算。
※2 収穫した果実を搾汁後、そのまま凍結しているため、果実のおいしさをそのまま味わうことができる。
※3 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。

(リンク »)
■「キリン氷結®」について
・「氷結®」は収穫した果実を搾汁後そのまま凍結した「氷結®ストレート果汁」を使用したRTDブランド。
2001年に発売したキリンビールのロングセラーです。
・「スタンダード」シリーズを中心に、果汁感と飲みごたえある味わいを実現した高アルコールカテゴリーの「ストロング」シリーズ、2017年に新発売した「旅」をコンセプトにした「旅する氷結®」シリーズなどそれぞれ特長をもったシリーズを複数展開。これが幅広いお客様の支持獲得に繋がっています。
(リンク »)
■好調の要因
●「氷結®」ブランドの「親近感」「定番感」などイメージ向上
「スタンダード」シリーズの2016年のリニューアル以降、「親しみやすい」「爽快な感じ」「定番感」など、「氷結®」ブランド全体のイメージが向上(当社調べ)しました。
●「旅する氷結®」は再上方修正した年間販売目標を11月末に前倒しで達成
9月に再上方修正した年間販売目標170万ケースを11月末に前倒しで達成。“世界を旅する”コンセプトがお客様に支持され複数のフレーバーを同時購入いただくなど販売を伸ばしました。RTDの既存ユーザーである30~40代に加え、20~30代を中心とした若年層からの支持が拡大しました。(当社調べ)
●「ストロング」シリーズの好調
RTD市場の拡大を牽引する高アルコールカテゴリー商品である「ストロング」シリーズは、4月のリニューアルが成功し、果汁感とすっきりしたおいしさが評価され、1-11月でも前年数量比+10%と好調を維持。
●中居正広さんや高橋一生さんを起用した“あたらしくいこう”コミュニケーションが話題に
「氷結®」ブランドで“あたらしくいこう”をテーマにしたTVCMやキャンペーンなどのコミュニケーションを展開。中居正広さんを起用した広告や高橋一生さんを起用した「氷結×ICEBOX」の企画が大きな話題を呼びました。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]