Doctor Web、IoTを利用したWebサイトのハッキングについて警告

株式会社Doctor Web Pacific 2018年03月16日

Doctor Webでは、Linux搭載スマートデバイスを感染させるトロイの木馬 Linux.ProxyM について、これまでに記事を掲載しています。9月には、このトロイの木馬はスパムを拡散するために使用されていましたが、最近ではWebサイトをハッキングする目的で使用されるようになっています。

###

Linux.ProxyM はLinuxを標的とする悪意のあるプログラムで、感染させたデバイス上でSOCKSプロキシサーバーを起動させます。このプロキシサーバーを使用することで、サイバー犯罪者は匿名で犯罪行為を働くことができます。このトロイの木馬には、 x86、 MIPS、 MIPSEL、 PowerPC、 ARM、 Superh、 Motorola 68000、 SPARCアーキテクチャのデバイスを対象としたものが存在するということが確認されています。すなわち、 Linux.ProxyM はルーターやセットトップボックス、その他の類似した機器など、ほとんどすべてのLinuxデバイスを感染させることが可能です。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]