Dr.Web Anti-rootkit API およびDr.Web SelfPROtectをアップデートしました。

株式会社Doctor Web Pacific 2018年03月26日

Doctor Webは、Dr.Web製品の一部に含まれるDr.Web Anti-rootkit API (11.1.14.201712110) およびDr.Web SelfPROtect (11.01.12.12010)をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

###

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、上記の全製品を対象に下記の変更点が加えられました。
サーバー用Windows OS対応システムにて、Dr.Web Control Serviceのメモリリークを引き起こす問題が解決されました。
Steam、 Mail.ru、その他のゲームセンターからゲームを起動したときに誤警報が発生する問題が解決されました。

Dr.Web SelfPROtectでは、Dr.Web for Windows製品を対象に次の変更が加えられました。
NVIDIAドライバーのインストール時に、クリティカルなシステムエラー(BSOD)が発生する問題が解決されました。
Windows 10対応システムではYandex.Browserが異常終了する問題が解決されました。
ディスク上の問題検出を報告する際に、誤ったシステム通知が表示され、これによりchkdskユーティリティが起動してしまう問題が解決されました。

アップデートは自動的に実行されますが、システムの再起動が必要です。

#Dr.Web #アップデート#コンポーネント

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]