有力なAI(人工知能)新興企業がさらなるイノベーションを発表

Botchain 2017年12月19日

From 共同通信PRワイヤー

有力なAI(人工知能)新興企業がさらなるイノベーションを発表

AsiaNet 71605 (2078)

【ボストン2017年12月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*BotChainは企業向けボットの監査とコンプライアンスを可能にする

ユーティリティー・トークンセールを今週に発表した企業向けAIソフトウエアのリーダーであるTalla( (リンク ») )は19日、同社の新しいBotChain( (リンク ») )ネットワークの開発を共有した。Tallaは2年間でさまざまな企業に2万5000以上のTallaボットをインストールした結果、企業向けのコンプライアンスを扱うボット、そしてボット行動を監査・検査可能にするニーズを認識した。

AIはエージェントとボットをさらに自律的にし、それが強化学習によって一層予測不能になっていることから、トレーニング、監査、コンプライアンスでの行動を抑制して捕える必要性はますます緊急になっている。BotChainはすべてのボット行動のデジタル証明書を発行し、各ボットの身元を作成するために、こうした証明書をブロックチェーンに保管する。これにより、復号キーを持つ企業は同証明書を監査、検査することができ、ボット行動の監視にも役に立つ。

Ernest and Youngの前ブロックチェーン最高技術責任者(CTO)、マイケル・マロニー氏は「ますます多くの組織がインテリジェントなロボットのプロセスを展開し、BotChainへのニーズは大きくなるばかりだ。コンプライアンスは大企業にきわめて重要である」と述べた。マロニー氏の発言にプライスウォーターハウスクーパース(PwC)のクリス・クラーン氏は強く同意し、「ボットプロセスが組織の中で拡大するにつれ、それは他の従業員と同様にリスクとコンプライアンス要件の対象になる」とした。

ボットがHIPAA、SOC2などの証明書を必要とするワークフローを扱い始めるにつれ、その重要性はますます高まっている。BotChain( (リンク ») )によって監査人は、ボットがそうしたワークフローの要件に準拠することを検証できる。BotChainはボットの登録と識別も管理する。

Tallaの最高経営責任者(CEO)、ロブ・メイ氏は「ボットはなりすまし攻撃を受けるようになってきた。ハッカーは情報を盗むためにボットを利用している。ボットの識別が急速に課題になっているのはそのためである。BotChainはボットの識別ソリューションであり、人間がボットと一層関わり合えるようになり、お互いに信頼を築ける」と述べた。

BotChain( (リンク ») )はAI駆動の製品を使う全ての人のみならず開発者に対しても重要なシステムを提供する。例えばAI駆動の自立システムのエンドユーザーは相互のやり取りと下した決定の監査証跡を受け取る。それはブロックチェーンへの各エージェントタスクのハッシュ情報により達成され、変更ができない。ボット識別はそれを使用する人と他のボットに対して確実に検証されたものになり、なりすましとスパムを防ぐ。

開発者、企業、個人は取引をする上で、BotChainのトークンであるBotcoinが必要になる。オープンしたマーケットで使用するトークンは、トークンセールで入手できる。現在、最初に生成されたトークンの50%は一般販売され、販売で残ったトークンはバーンされると予想されている。さらにトークンの20%はBotChainのパートナー、アドバイザー、開発者向けに留保されると見込まれている。BotChainのユーティリティー・トークンセールの条件は変更されることがある。BotChain( (リンク ») )に関心のある企業は( (リンク ») )を参照し、より詳しくは hello@talla.com まで。

Telegramに参加しよう: (リンク »)

ソース:Botchain

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]