近畿大学と和歌山県白浜町が包括連携協定を締結 養殖研究、地域活動などを通じて地方創生に貢献

近畿大学 2017年12月19日

From Digital PR Platform




近畿大学(大阪府東大阪市)と和歌山県白浜町は、平成29年(2017年)12月18日(月)、白浜町役場にて包括連携協定を締結しました。




【本件のポイント】
●近大産のクエを白浜町の旅館や料理店に供給することで観光PRとなり、集客に貢献
●交雑魚クエタマの飼育研究を推進し、和歌山南漁業協同組合白浜支所との協力体制を強化
●水産だけでなく観光事業等を含む総合的な連携を図り、地方創生を推進

【本件の概要】
近畿大学は、昭和23年(1948年)に水産研究のための最初の施設となる臨海研究所(現・水産研究所白浜実験場)を白浜町に開設し、ブリ、マダイ、シマアジ、クエなどの種苗生産・成魚養成に関する研究に取り組み、成果を挙げてきました。また、地元の和歌山南漁協白浜支所と共同して養殖事業を展開し、大学発ベンチャーの(株)アーマリン近大とも連携して地元から積極的に雇用をしています。さらに、地元小中学校からの要請を受けて見学や職場体験を実施し、子どもたちに養殖魚を身近に感じる機会を提供しています。本協定締結により、養殖業振興や漁業後継者の育成教育、地元雇用を積極的に推進するとともに、今後は観光面など、水産以外の幅広い分野での連携についても検討していく予定です。


関連URL: (リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
総務部広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]