札幌学院大学が12月21日にドッグセラピーを開催 -- 学生相談室を利用するきっかけに

札幌学院大学 2017年12月19日

From Digital PR Platform




札幌学院大学は12月21日(木)にドッグセラピーを開催する。これは、学生相談室カウンセラーで臨床心理士の卜部洋子氏が、セラピードッグを通じて学生に学生相談室の存在を知ってもらい、気軽に利用してもらうことを目的として企画したもの。セラピードッグには、卜部氏の愛犬でセラピードッグとして活躍するラブラドールレトリーバーのエース君がセラピードッグとして参加する。なお、同大では今後も定期的に同イベントを実施する予定。




 札幌学院大学では11月16日に第1回ドッグセラピーを開催。昼休みの30分間だけだったにもかかわらず、学生や教職員約100名が参加し、大盛況に終わった。集まった学生らはセラピードッグのエース君の耳や尻尾、口元など体をなでながら「幸せ」などと話しており、「セラピードッグのエース君が可愛くて、とても癒された」といった癒しを感じる意見が多くあった。

 この好評を受け、このたび第2回を開催することとなった。セラピードッグには前回同様、エース君が登場する。エース君は北海道セラピードッグ会から認定を受け、2017年4月からセラピードッグとして道内の病院や福祉施設、大学などで活動している。

 セラピーを企画した学生相談室カウンセラーの卜部氏は、ドッグセラピーの効果について「普段は対人関係が苦手で、表情が硬いことが多く、人で込み合う場所を好まないような学生が、エース君に会うために列に並び、柔らかな表情を作り、笑顔でエース君と触れ合っていた」と話す。同大では、今後定期的にもドッグセラピーを実施していくとしている。

◆ドッグセラピー
【日 時】12月21日(木) 12:20~13:10
【場 所】学生相談室隣(E館2階)
【対 象】札幌学院大学学生

※ドッグセラピー
 動物を使ったアニマルセラピーの一種で、犬と触れ合うことでストレスの軽減など、ヒーリング効果があるといわれている。セラピーに用いるセラピードッグは吠えたり噛んだりしないように訓練されている。

▼本件に関するお問い合わせ先
 札幌学院大学広報入試課広報係
 〒069-8555 北海道江別市文京台 11 番地
 代表電話:011-386-8111 平日 9:00~17:00 土曜 9:00~12:00
 E-Mail:kouhou@ims.sgu.ac.jp
  (リンク »)


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。