5ヶ国言に対応した教育機関・地方自治体向け「施設予約管理システム(多言語版)」を提供開始

株式会社コントロールテクノロジー 2017年12月26日

From DreamNews

予約管理システム「RESERVA」を運営する株式会社コントロールテクノロジーは、大学及び地方自治体等が運営するアクティブ・ラーニング向け施設に特化した多言語予約システム「RESERVA for ラーニング・コモンズ(マルチリンガル版)」を2017年12月26日より提供開始いたします。

大学図書館や公共施設内に設けられたラーニング施設の利便性を向上させることでアクティブ・ラーニングを活性化させたいという教育現場のニーズに対し、当社は2014年から、ラーニング施設の予約受付システム「RESERVA」を提供しています。サービスリリース以来「RESERVA」は、480ヶ所以上の教育機関、地方自治体に導入されています。

昨今、国内の教育現場においても学生や研究者のグロバール化が急速に進み、多くの教育機関関係者から「外国語で予約を受け付けたい」という要望を受け、このたび5言語(英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語、タイ語)で予約受付ができる「RESERVA for ラーニング・コモンズ(マルチリンガル版)」をリリースしました。

◆ラーニング・コモンズ向けの予約ページ(施設予約タイプ)
(リンク »)

◆大学・研究所施設向け予約システム特設サイト
(リンク »)

◆価格・機能について(初期導入費0円、即時導入可、月額無料プランもあり)
(リンク »)

◆施設管理システムの活用方法セミナー(無料)
今回リリースした多言語予約システムの設定方法、活用方法の詳細については、2018年1月17日に開催される「施設向け予約システム活用セミナー(無料)」でも説明いたします。
セミナーは下記URLよりお申し込みください。
(リンク »)


「RESERVA for ラーニング・コモンズ(マルチリンガル版)」の主な特徴
(1)英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語、タイ語で、海外からの留学生・研究生などの施設利用受付やインターナショナルスクールでの導入が可能
(2)特定の図書館システムに依存せず、オープン型・単独で稼働するクラウド型予約システム(※既存図書館システムとの連携も可)
(3)24時間365日いつでもラーニング・コモンズの予約受付が可能
(4)図書館や施設利用の活用頻度が向上し、「アクティブ・ラーニングの活性化」をサポート
(5)かんたん会員登録・学生情報の管理機能
(6)様々なタイプの施設やラーニング・コモンズに対応
(7)複数ラーニング施設を設定し、一括管理が可能
(8)予約情報ダウンロード機能
(9)かんたんメルマガ配信・お知らせ機能
(10)カレンダー形式の予約閲覧機能


-----------------------------------------------------------
【本リリースに関するお問い合わせ先】
●株式会社コントロールテクノロジー RESERVA事業部
連絡先:  (リンク »)
-----------------------------------------------------------

【株式会社コントロールテクノロジーについて】
コントロールテクノロジーは、「予約」をもっと簡単に、身近にすることをミッションとし、どなたでも無料でご利用いただける予約システム「RESERVA」の開発・運営をしているテクノロジー・カンパニーです。大学、その他教育機関向けの「校内施設予約管理システム」や、オープンキャンパス・体験入学の「全自動型オープンキャンパス予約受付システム」を提供しています。また、官公庁、地方自治体向けに英語、中国語などに対応した「多言語対応」の施設予約管理システムを提供しています。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]