DockerでRails環境を作ってみよう

株式会社トランスネット 2017年12月27日

Ruby開発に強いトランスネットが中越智哉氏のコラム「DockerでRails環境を作ってみよう」を公開しました。

今回も力作です。興味がある方はご覧ください。

###
何回か前のコラムで、「Bash on Ubuntu on WindowsでRailsを動かしてみよう」という記事を書きました。Bash on Ubuntu on Windowsを使うには、Windows Insider Programに登録してWindows Insiderビルドを入れなければいけないので、もちろん私もこれを適用していたわけですが、ある時のアップデートから、マシンが極端に不安定になってしまい、10分も使うとブルースクリーン(Insiderビルドの場合は緑の画面になるのでグリーンスクリーンでしょうか笑)で再起動する状態になってしまいました。

前回の記事でも、自分で「Windows Insiderビルド(言葉の響きはカッコいいですが、いわゆる開発者向けの早期提供版、ベータ版的なものです)をインストールしなければいけないため、正式版ではないことによる不具合がもし何かあったとしても、その対応がやや面倒になる可能性があります。安定性が求められるような環境にはWindows Insiderビルドはやや入れにくいかもしれません。」と書いていたわけですが、まさにミイラ取りがミイラといいますかなんといいますか・・・。そんなわけで、Windows Insiderビルドはいったん中止して、クリーンインストールで通常のビルドに戻しました(実はこの前にも一度再インストールをしていたため、Microsoft Officeのライセンス認証回数が上限になって、電話認証をさせられる羽目になりました・・・)。

そんなわけで、Railsを使うための別の環境を用意しなければなりません。もちろん、Indiderビルドでなくても、Bash on Ubuntu on Windowsを使うこともできるのですが、せっかくですから、他の方法を試してみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]