建設業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus(スパイダープラス)」の開発・販売を行う株式会社レゴリスが第三者割当増資による1.9億円の資金調達を実施

株式会社レゴリス 2018年01月04日

From PR TIMES

-建設業界の様々な業務効率の最大化-

建設業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus(スパイダープラス)」の開発・販売を行う株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:伊藤 謙自)は、2017年12月、1.9億円の第三者割当増資を実施致しました。



建設業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus(スパイダープラス)」の開発・販売を行う株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:伊藤 謙自)は、2017年12月、下記4社に対する1.9億円の第三者割当増資を実施致しました。


割当先
今回の第三者割当増資の割当先は、アイテック阪急阪神株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、その他銀行系ファンド1社となります。
なお、アイテック阪急阪神株式会社は、同社コーポレートベンチャーキャピタルからの出資になります。
これにより、株式会社レゴリスは資本金(資本準備金含む)が304百万円になります。


資金調達の目的
株式会社レゴリスは「常に先進技術を活用し、常に新しいものを創造し、社会に貢献していく」「建設業界の様々な業務効率の最大化」というミッションのもと、建設業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus(スパイダープラス)」の開発・販売を行っています。

今回の第三者割当増資により、今後より建築業界の業務効率化に貢献すべく、さらに開発を加速するとともに、「 SpiderPlus(スパイダープラス) 」のさらなる可能性の追求をしていきたいと考えております。


建設業向け図面管理・情報共有アプリ
「SpiderPlus(スパイダープラス)」について

[画像1: (リンク ») ]

建設業を取り巻く環境は大きく変化し、人手不足がますます深刻化しています。早急な対策が求められる中、建設業向け管理・情報共有アプリ「SpiderPlus(スパイダープラス)」は、建設現場で用いられる図面・帳票をデータで一元管理することにより、煩雑な事務処理の削減が実現できるなど、 同業界の働き方改革・業務効率化に寄与しており、急速に業界内でのユーザーシェアを拡大しています。
(リンク »)


株式会社レゴリス 会社概要

[画像2: (リンク ») ]


[表: (リンク ») ]


(リンク »)


本件に関するお問い合わせ先
株式会社レゴリス 管理本部:大村
TEL:03-6709-2832 FAX:03-6709-2837

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]