編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック フル-ツティー》が新登場!

味の素AGF株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2018-01-10 11:00

2018年1月10日

味の素AGF株式会社

カフェや専門店品質の味わいが楽しめる
《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック》シリーズから
《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック フル-ツティー》が新登場!

 味の素AGF株式会社(以下、AGF 代表取締役社長:品田 英明)は、《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック》シリーズから《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック フルーツ  ティー》を、2018年2月21日(水)より、全国で新発売します。
 《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック》シリーズは、発売1周年を経て、これまでス ティックを飲用していなかった有職女性や、カフェや専門店ユーザーから人気を集めています。
 また、近年おしゃれなフルーツティーを提供するカフェやティースタンドが急増しています。これはフォトジェニックな見映えに加えて、自分で作れない味わいが支持されているためです※1。このようなお客様のニーズにお応えするために《「ブレンディ®カフェラトリー」スティック》シリーズからこだわりのフルーツティー体験ができる新製品を発売します。
 このたび発売される《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック フルーツティー》4種は、ていねいに淹れたアッサムティーに果実の風味が溶け合った、ほどよい甘さのこだわりのフルーツティーです。AGF独自の「フレッシュフルーツアロマ技術」※2(特許取得)により新鮮な果汁感を実現し、紅茶の華やかな味・香りにもこだわることで、自分では作れない味わいを楽しめるよう設計しました。紅茶と果実の芳醇な風味が口いっぱいに広がる、まさにカフェや専門店品質の味わいです。
 冷たい水にも溶けるので、ホットはもちろん、暑い時期にはすっきりとしたアイスティーをスティック1本で手軽に楽しめます。
※1 AGF調べ
※2 果実由来の香りの成分を抽出しアロマカプセルに閉じ込め、ほどよい甘みの果糖を使用することで、新鮮な果汁感を再現
   できるAGF独自の技術。

【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】
             ①           ②
【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】
      ③           ④
1. 商品概要:
【画像: (リンク ») 】 
2. 商品特長:
①《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック 芳醇ピーチティー》は、やわらかな甘みのホワイトピーチと香り豊かなイエローピーチを、ていねいに淹れたアッサムティーと合わせた、こだわりのフルーツティーです。
②《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック 芳醇アップルティー》は、太陽をたっぷりと浴びたアップルと香り豊かなローズヒップを、ていねいに淹れたアッサムティーと合わせた、こだわりのフルーツティーです。
③《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック 芳醇マスカットティー》は、みずみずしいマスカットと甘い香りのエルダーフラワーを、ていねいに淹れたアッサムティーと合わせた、こだわりのフルーツティーです。
④《「ブレンディ® カフェラトリー」スティック 芳醇ミックスベリーティー》は、ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーの3種を、ていねいに淹れたアッサムティーと合わせた、こだわりのフルーツティーです。
3. 価格:オープン価格
4. 発売日:2018年2月21日(水)
5. 発売地域:全国
6. 商品に関する一般のお客様からのお問合せ先:お客様相談室 Tel 0120-17-8651
   



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]