Segway-NinebotがCES 2018でデビュー 個人用コンパニオンロボットがついに登場

Segway-Ninebot 2018年01月15日

From 共同通信PRワイヤー

Segway-NinebotがCES 2018でデビュー 個人用コンパニオンロボットがついに登場

AsiaNet 71880(0106)

【北京2018年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】CES 2018が太平洋標準時1月12日、ラスベガスで閉幕した。人工知能(AI)に焦点を当てた今回のCESは、世界の最新の消費者向け電子製品と技術を展示した。インテリジェントな短距離移動手段およびサービス・ロボティクスの分野で世界的リーダーであるSegway-Ninebotは、その製品とともに大ヒットのデビューを飾り、CES 2018の舞台を輝かせた。

(リンク »)
Segway-Ninebotの展示場

このCESで、Segway-Ninebotのロボット、消費者用バージョンのLoomoが初めてお目見えした。インドアとアウトドア両方の応用に適した世界初の個人用コンパニオンロボットとして、その消費者用バージョンのLoomoは、自分でバランスを取る歩行、独立して開発された感情エンジン、フォローイング、カメラ機能など、多くの機能と特徴を持っている。流通用ロボット、Loomo Goはまた大衆の広い注目を集めた。

同時にSegway-Ninebotは、Segway i2、Segway x2、Segway miniPLUS、Ninebot miniPRO、Ninebot One S1などを含む幾つかのインテリジェントな移動手段の製品も展示した。

さらに、90Funが世界初の自己バランスと自動フォローのスーツケース90FUN Puppy1を発売したが、それはSegwayの核心的な技術が初めて可能にしたものだ。Segwayが注文に応じて作ったフォロー・チップを内蔵したこのスーツケースは、往復と前後のインテリジェント・フォローを可能とするために、UWB(超広帯域無線)精度の軍事用無線位置決定とセルフバランス・テクノロジーを採用した。

CESは、主要なテクノロジー企業がその製品とテクノロジーを展示する窓口になった。Segway-Ninebotはその新ブランドのイメージの強みにより、今年のCESを際立たせ、世界に中国の製造業やブランドを、最高級、卓越、革新的というような新たな言葉で再定義させた。

ソース:Segway-Ninebot

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]