編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「ヤマハネットワークエンジニア会」の検証ルームで実機検証をしてみよう

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

2018-01-23 12:00

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は津村彰氏コラム 第20回「YNEの検証ルームで実機検証をしてみよう」を公開しました。
興味がある方はご覧ください。

###
ヤマハのルーター・スイッチ・無線LANアクセスポイントの相互交流の場として、会員制コミュニティ「ヤマハネットワークエンジニア会」(通称「YNE))があります。

今回は、YNEの「検証ルーム」を使い、遠隔地のヤマハ ルーター実機を操作する事による実機検証についてご紹介したいと思います。

◆検証ルームとは?

正式には「遠隔検証システム」と言い、ブラウザのみで遠隔地に設置されたヤマハ ルーター及びスイッチを、あたかも手元にあるかのように操作し、実機検証を行うシステムです。

従来、実機の手配やラボ構築など、いわゆる「準備」にとても時間が掛かっていましたが、一部の制限がある事を除くと、とてもカンタンに実機を操作する事ができるようになっています。

また、投入するコンフィグや検証したコンフィグは、もちろんお手元に保存できるようになっています。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]