編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ボンカレー・クボタ田植機50周年記念 初のコラボキャンペーン実施 2018年1月24日(水)~12月31日(月)

大塚食品株式会社

From: Digital PR Platform

2018-01-24 09:37


大塚食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:戸部貞信)は、ボンカレー誕生50年を記念し、同じく誕生50年を迎える株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:木股昌俊) のクボタ田植機と初のコラボキャンペーンを2018年1月24日(水)から12月31日(月)まで実施します。

近年、日本の食料自給率は年々落ち込んでおり、中でもコメの需要量の減少は深刻化しています。このような状況の中、本キャンペーンは「クボタと大塚食品は日本農業の未来を応援します」というキャッチフレーズで、具材の野菜は国産にこだわったボンカレーとコメの生産を行うクボタ田植機がコラボレーションすることで日本の農畜産物の生産・消費拡大を応援いたします。また、本年のクボタグループの展示会等では、ボンカレーのパッケージカラーをイメージした特別カラーラッピングの「コラボレーション記念スペシャル田植機」のお披露目の他、各地でボンカレー50を使用しキャンペーンを盛り上げていきます。

【コラボレーション記念スペシャル田植機 概要】
■展示予定期間:2018年1月24日(水)~2018年12月31日(月)
■展示エリア:クボタグループの一部展示会等で展示予定
■その他:50周年記念ボンカレーパッケージカラー特別仕様(非売品)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]