クラーク記念国際高等学校がソニー株式会社と連携し、aiboを題材にした高校生向けロボット授業を実施(産学連携によるロボット教育の現在とこれから)

大学プレスセンター 2018年01月29日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



クラーク記念国際高等学校は、2月1日(木)13時より秋葉原ITキャンパスにて、ソニー株式会社の全面協力を得て「ロボット開発最前線」と題した特別公開授業を行います。




クラーク記念国際高等学校は、2月1日(木)13時より秋葉原ITキャンパスにて、ソニー株式会社の全面協力を得て「ロボット開発最前線」と題した特別公開授業を行います。


授業を行うのは、昨年復活し話題となった「aibo」の先端技術開発グループを率いている森永英一郎氏。当校の呼びかけに応じて「aibo」を題材にロボット教育を行うのは、今回が初の試み。ロボット工学の基礎を学ぶ「ロボット専攻」の高校生が、最先端のロボットについて学びます。

情報技術革進により、文部科学省がプログラミング教育の普及に取り組むなど、日本の将来を担う技術者の育成が叫ばれる中、当校は7年前に「ロボット専攻」を開講。今回の特別授業は、高校におけるロボット教育の可能性を考えることができる機会となります。


<詳細>
【日 時】2月1日(木)13時〜(1時間程度)
【場 所】クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパス
【対 象】在校生、報道関係者、教育関係者、その他
【予 約】要
【参加費】無料
【講師紹介】森永英一郎氏(ソニー株式会社)


<お問合せ>
(1)プレスリリースの内容、取材に関するお問い合わせ
 クラーク記念国際高等学校 広報部 
 TEL:03-3203-3600

(2)一般の方、教育関係者の方の参加お申し込み
 クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパス
 TEL:03-5807-3455

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。