データレスキューセンター、起動しないノートPC(Macbook Pro)のデータ復旧をご依頼いただいた九州大学 教授 富松潔様によるお客さまの声を公開

株式会社アラジン 2018年02月02日

データ復旧サービスで日本TOPクラスのシェアを誇るデータレスキューセンターは、起動しないノートPC(Macbook Pro)のデータ復旧をご依頼いただいた九州大学 教授 富松潔様によるお客さまの声を公開しました。

データ復旧サービスで日本TOPクラスのシェアを誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市 / 代表取締役:長濱慶直)は、人間とコンピュータのインタラクションデザインの専門家である九州大学 芸術工学研究院 教授 富松潔様から、ノートPC(Macbook Pro)のデータ復旧をご依頼いただきました。PCが起動できない状態でしたが、約108万ファイル(約109GB)のデータ復旧に成功しました。

■九州大学 教授 富松潔様によるお客様の声(一部抜粋)
「研究室の学生から、使用しているノートPCの電源が急に入らなくなったと日曜日の夜にメールで相談を受けました。ノートPCは学校所有のApple製のMacbook Proでデータ記録装置は内蔵SSDです。最近のMacは分解することも難しい為、すぐに大学の担当部署に相談したところ、Appleでの修理保証を受けるか、以前から利用しているデータレスキューセンターさんでデータ復旧をすることを勧められました。

Appleに修理保証について問い合わせたところ、修理は可能だが「データの保証は行えない」とのことでした。データレスキューセンターさんは九州大学内で多数のデータ復旧の実績があり、実際に同じ学部の先生も利用したとのことでしたので、信頼できる会社だと思いすぐに依頼しました。

到着案内から48時間以内に復旧可能なフォルダリストとファイルリストを一緒に頂くことが出来ました。データ量は100万ファイルを超える膨大な量でしたが、ざっと確認したところ、ファイル名、フォルダ名も出ていましたので、データに関しては大丈夫そうだと判断。また、費用も想定内の金額でしたのでこれならすぐにお願いしようと思い、即復旧の指示を出しました。データもリストどおりに復旧されていて、締め切りにも間に合い、確かな技術力を感じています。データレスキューセンターさんは土日祝も作業をしていただけるのでタイムロスがなく、非常に助かりました。

自分の研究に必要不可欠なだけでなく、日常生活においてもデジタルデータは重要な資産です。その資産を運用するだけでなく、PCの入れ替え等の新陳代謝を含め、どのように守っていくかが重要だと思います。今後、学生にもデータの取り扱いには十分に気をつけるよう注意をしますが、また有事の際はデータレスキューセンターさんに是非お願いしたいと思います。」

■九州大学 教授 富松潔様によるお客様の声(全文はこちら)
<PCサイト>
(リンク »)
<スマホサイト>
(リンク »)

■お客様の声の一覧
<PCサイト>
(リンク »)
<スマホサイト>
(リンク »)

■プレスリリース
<PCサイト>
(リンク »)
<スマホサイト>
(リンク »)

今後も、PC・サーバーの内蔵HDDやSSD、外付けHDD、RAIDやNASのハードディスク、USBメモリ、SDカードやmicroSDカード等からのデータ復旧、復元技術の向上、料金の低価格化に取り組んでまいります。

【会社概要】
会社名:株式会社アラジン
データ復旧サービス名称:データレスキューセンター
登録商標:データレスキューセンター / データレスキュー / データレスキューサービス
事業内容:データ復旧事業
資本金:5,000万円
設立:2002年5月
代表取締役:長濱慶直
本社:福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3階
セキュリティ認証:プライバシーマーク / ISO27001(ISMS)
加盟:一般社団法人 日本データ復旧協会 常任理事
特許:特許第4090494号 / 特許第4236689号 / 特許第5512470号
PCサイト: (リンク »)
スマホサイト: (リンク »)

■本リリースに関するお問い合わせ先
データレスキューセンター
中村 有里
TEL:092-720-6633

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アラジンの関連情報

株式会社アラジン

株式会社アラジンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。