春の睡眠健康週間にトークイベント「眠りをもっと自由に、楽しく!」を開催

株式会社イワタ 2018年03月01日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月1日

株式会社イワタ (リンク »)

春の睡眠健康週間にトークイベント「眠りをもっと自由に、楽しく!」
チンパンジーの寝床研究から生まれた
「人類進化ベッド」の体験会を同時開催

チンパンジーは毎日木の上にベッドを作ります。チンパンジーの寿命は40、50年ほどなので、生涯に1万個以上のベッドを作る計算になります。チンパンジーと同様、人類のルーツも樹上にベッドを作り、心地よい眠りを探求していたと考えられています。
日本に現存する最古のベッドは、奈良時代に聖武天皇が使用していたヒノキ製のもの。ベッドは西洋文明のものと思われがちですが、およそ1200年以上前から日本にはベッドが存在していました。
今回は、チンパンジーの寝床や奈良時代のベッドをヒントにして生まれたユニークな『眠りのカタチ』の開発ストーリーをご紹介します。
人生の3分の1を過ごすベッドは、もっと自由で変化に富んで良いのかもしれません。それぞれのベッド誕生にかかわった関係者とともに、その可能性を探ります。

トークイベント開催概要
日時:2018年3月11日(日)
時間:14:00~16:00(13:30開場)
会場:リビングデザインセンターOZONE 5F セミナールーム
   〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー

プログラム
1.オープニングトーク  14:00~14:30
「チンパンジーはベッド職人」 座馬 耕一郎
2.セッショントーク  14:30~15:00
「ねむりの歴史とイワタの寝具づくり」 岩田 有史
3.セッショントーク  15:00~15:30
「家具モデラーの経験から生まれた『人類進化リビングベッド』」 宮本 茂紀
4.パネルディスカッション  15:30~16:00
「人類進化ベッドの可能性」  座馬 耕一郎 宮本 茂紀、宮本 茂、石川 新一、鍛冶 恵、岩田 有史

トークイベント出演者
・座馬 耕一郎
(長野県看護大学准教授、京都大学アフリカ地域研究資料センター特任准教授)
人類進化ベッドの発案者。専門は人類学、霊長類学。野生のチンパンジーやニホンザルの行動、生態、社会、文化について研究を行っている。現在、タンザニアのマハレ山塊国立公園で、チンパンジーが作るベッドの構造、寝相、夜間の行動に関する研究など、チンパンジーの睡眠について研究している。著書に『チンパンジーは365日ベッドを作る』(ポプラ社 2016)など。

・宮本 茂紀(株式会社ミネルバ代表取締役会長)
・石川 新一(東南西北デザイン研究所代表、環境デザイナー)
・鍛治 恵(NPO法人睡眠文化研究会事務局長)
・宮本 茂(株式会社ミネルバ代表取締役社長)
・岩田有史(株式会社イワタ代表取締役)

お申し込み方法
OZONEウェブサイトにて受け付けております。
(リンク »)

連動イベント
-『古い眠り』から学んだ『新しい眠り』のカタチ展-
 「類人猿のベッド」丸いベッドと「奈良時代のベッド」四角いベッドに学びを得た、それぞれの「新しい眠り」のカタチが登場します。(2018年2月15日~3月13日)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]